SCROLL

GRADUATES卒業生紹介

灰方淑恵
灰方淑恵

一般社団法人 バレエセラピスト協会 代表理事

動作分析のプロフェッショナル 

バイオメカニクス・アドバイザー/理学療法士

灰方淑恵 (はいかた よしえ)

http://www.bta.or.jp/

Profile

京都府生まれ。大阪教育大学大学院修士課程修了。理学療法士(国家資格)の免許取得。病院のリハビリテーション科で高齢者のリハビリを9年間のべ35,000人担当。転倒骨折、関節変形から寝たきり、認知症、要介護となる現場を多数経験し、予防医療の重要性に目を向ける。大阪府立大学総合リハビリテーション学部に助教として勤務。年間100名の理学療法学生の教育を担当。スポーツ傷害予防、障害者スポーツのバイオメカニクス等の研究に携わる。原著論文2本、報告書1本、学会発表約10回以上と精力的に活動。 身体のしくみを目で分析する「動作分析」を専門とし、再現性あるトレーニングには定評がある。20歳の時にバイク事故で胸椎を圧迫骨折、医療過誤により背骨の変形と激痛に苦しむ日々を送る。科学的なアプローチと自身の感覚で検証を重ね、日本人の身体操法と西洋のクラシックバレエを融合させた「バレエ軸®︎メソッド」を開発。 大阪の隠れ家スタジオで施術する「バレリーナ専門の整体とトレーニング指導」は、6ヶ月の予約待ちになるほど顧客が殺到。4年間でのべ2000人以上のダンサーを施術。バレエダンサーの登竜門であるローザンヌ国際バレエコンクール予選突破、YAGP日本予選シニア第1位、リオパラリンピック閉会式に出演した義足のダンサーをサポート。「体が軽くなり、気持ちも前向きになった」「先生のテーピングのおかげで本番踊りきれました」「バレエ人生蘇りました」と喜びの声が多数。

Before

自分の人間性や「なぜその活動をしているのか?」というストーリーが全く見えてこない、粗筋しかない面白みのないものでした。

After

プロフィールを変えた途端、HPから商品開発の監修依頼の仕事がきました

新しい肩書きは「バイオメカニクス・アドバイザー」という、視野を高くし、たくさんの人を支援していくものに変わりました。この肩書きに恥じないよう、自分の協会での活動はもちろんのこと、広く体のことをわかりやすく伝えていく活動をしていきたいと思います。今後は出版やメディアでの解説、企業の商品開発のアドバイスなどをしていきたいです。プロフィールの音色に負けないよう、人間性も実績もしっかりと磨いていこうと思います! さっそくホームページを見てオファーをくださった会社があり、確実にビジネスプロフィール効果だと思います! こんな風に影響がじわじわと波及していてありがたく感じております。

MEDIA

メディア実績

  • テレビ大阪出演
  • XPERTコラム掲載|バレエダンサーをサポートする理学療法士の役割 ~クラシックバレエの特性と現場での経験から~

BOOKS

著書

OTHERS他の卒業生

露木由美

保科陽子

大河内りこ

山本佳典

桑原朱美

小寺沢裕子

CHIKA

永井弥生

藤谷勝志

長島寿恵

中山史貴

高瀬晴子

服部雄志

大西恵子

丹波圭介

池田由紀

早津妙子

玉置仁美

井草喜代美

新盛 薫

太田賞子

CONTACT

お問い合わせ