SCROLL

GRADUATES卒業生紹介

永井弥生
永井弥生
永井弥生
永井弥生
永井弥生
永井弥生
永井弥生
永井弥生
永井弥生
永井弥生

「医療」と「社会」をつなぎ人生のリスクに対処する医療コンフリクトマネージャー

オフィス 風の道 代表

医学博士

永井弥生 (ながいやよい)

https://kazeno-michi.com/

Profile

女性医師としては日本唯一の医療メディエーター協会シニアトレーナーとしても活動。 山形大学医学部卒業後、群馬大学病院に皮膚科医師として勤務。褥瘡治療を専門とし、皮膚科准教授となり診療にあたる。 医療事故を発覚させ、日本の医療改革に尽力。 2014年、群馬大学病院の医療安全管理部長として腹腔鏡下肝切除術における医療事故を発覚させ、70件を超える遺族対応などの激務をこなし、3年半にわたり院内の改革に取り組む。特定機能病院に対して、医療安全管理責任者の配置、医師の専従安全管理者をおくことが義務付けられるなど、日本の医療安全改革に尽力する。読売新聞の論点スペシャルや、報道記者の著書『大学病院の奈落』でもその軌跡が記されている。医療コンフリクト・マネジメントの第一人者として活動。 講演活動にも力を注ぎ、看護師、病院管理者、安全管理担当者からは、「他人事ではない」「怒りに対する考えが変わった」「紛争対応はスタッフ間の対応にも活かせる」など多くの共感を得る。コンフリクトに関するコラムはYahoo!ニュースにも掲載され、医療界大手ウェブサイトでも人気コラムを連載中。医療と社会をつなぐとともに「人生のリスク」への対応の必要性を感じ、2018年オフィス風の道を設立。「自分の人生に責任を持て」という理念のもと、自分軸を持った人生を送るための活動を指南している。 <受賞歴> ・日本皮膚科学会ポスター賞 ・日本褥瘡学会論文賞 ・群馬大学ベストティーチャー賞

Before

初から時系列に書かれていて肝心なことがぼやけていて、相手に対して何ができるのか、近未来に何をしたいのかが不明。 理念が最後に出てきているが、これまでの経緯とつながっておらず、突然現れたような印象を与えるプロフィールでした。

After

自分が何者か、頭の中が整理されました。

これまでやってきたことが鋭い言葉で集約されたことに感激です。自分はこういう人間だと端的に示すことができる、まさに自分が何者か、頭の中が整理されました。 ビジネスプロフィールが大事、と何度も言われていたことが、本当に腑に落ちました。 医療をさらに改善するために、患者さん側にも協力してほしいことがたくさんあります。医療界の問題ももちろんありますが、大きな問題を変えてきた立場から、両者を中立的にみながら対応してきた立場から、これまでにない広い視点を持って活動を展開していきたいと思います。 それは医療者と患者関係ということのみでなく、人生のリスクに対処することにつなげたいと思っていました。「自分の人生に責任を持て」という言葉は、こんな風にやりたいと思っていることがすべてつながってきます。自分のステージを上げ、ブランドを作り上げることで人を助けることにつなげたいと思います。

MEDIA

メディア実績

  • 連載中 m3 医療維新 永井弥生の「コンフリクト」から医療を視る
  • 不定期掲載コラム サンケイビジネスアイ《高論卓説》

BOOKS

著書

『褥瘡がみえる』 (南光堂)
『これからの医療 5 つの「患者力」が、あなた と医療を守る!「患者力」を付けなければ自分を守れない』 (ごま書房新社)

OTHERS他の卒業生

露木由美

保科陽子

大河内りこ

山本佳典

桑原朱美

小寺沢裕子

CHIKA

藤谷勝志

長島寿恵

中山史貴

高瀬晴子

服部雄志

灰方淑恵

大西恵子

丹波圭介

池田由紀

早津妙子

玉置仁美

井草喜代美

新盛 薫

太田賞子

CONTACT

お問い合わせ