『社員と顧客を大切にする会社』(坂本光司著/PHP研究所)vol.185

2012年12月14日


本日の一冊は

『社員と顧客を大切にする会社』(坂本光司著/PHP研究所)です。

 

『社員と顧客を大切にする会社』(坂本光司著/PHP研究所)



接点、です。



無事、日本に戻ってきました!

初のアフリカ大陸上陸。

タンザニア視察は、
とても刺激的でした。

現地で43社110業態以上の事業を
手掛けている事業家がすごいのは
そりゃ当然なのですが、
それ以上に、
社員の方たちがすばらしかったです。

現地の人たちも1400人以上
関わりながらビジネスをしている。

当たり前ですが、
他国で信頼関係をつくりあげるって
大変なことです。

でも、
それが、
ある!!

この人たちには、
ある!!

ということを
つぶさに見て
感動していたわけです。

「会社にいても、僕には
電話かかってこないんですよ~」

なんて笑っている事業家です。

これがいかにさらっとしていて
すごい発言か!
ということはすぐにわかりました。

ほめている!!
自社の社員を!!

そして、社員の方から
こっそり聞いた話。

「うちの社長は、現地スタッフの家族構成や
子供の名前、誕生日なども覚えているんですよ」

と。

でた!!

わたしが好きそうな
エピソード!!

血縁こそないものの、
この人たちはファミリーを作り上げている!!
そう感じました。

どうやって信頼関係を築くか?

そんな尊いテーマについて、
遠いアフリカの地で
学んだ気がしました。

 

 

————————————————————————
『社員と顧客を大切にする会社』(坂本光司著/PHP研究所)

<Amazonで購入>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569807127/withup-22/ref=nosim


本物の強者は、弱者の痛みを知っていますから、
弱い者いじめなど絶対にしないのです。

経営者であれば、またリーダーであれば、相手の立場に立って
「これをやったら相手はどう思うだろうか。気持ちよく
仕事をしてくれるだろうか」と常に考えなければなりません。

業績は目的ではなく結果です。そして手段です。

岐阜県にある電気設備資材メーカー、未来工業は一九六五年の
創業以来、一度も赤字決算になったことがないだけでなく、
売上高経常利益率が五パーセント以下になったこともありません。

「社外社員」という言葉は聞きなれないかもしれませんが、
仕入先や取引先など、自社と関係ある会社すべての社員のことです。

「社員を大切にしているか」を見るモノサシ
<教育>
1、教育訓練費÷売上高  0.3%以上
2、教育訓練時間÷総実労働時間 2%以上
3、教育訓練費÷社員数 1万円以上

特に不況のときに自分たちのために何をやってくれたか、
それを社員はよく見ています。

正しいことをしている会社には、必ず応援する人が現れます。

加賀屋では、客室係がいちばん権限をもっています。
それはお客さまの声を代弁する立場だからです。


参照:
『社員と顧客を大切にする会社』(坂本光司著/PHP研究所)
<Amazonで購入>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569807127/withup-22/ref=nosim

————————————————————————

 


というわけで、

 


▼「共感・意外性・感動」の法則を解き明かす!
┌───────────────────────────────────┐
├○
├○   「なに」でつながっているの?
├○
└───────────────────────────────────┘


そういえば、経営大学院で
「サービス・マネジメント」の
クラスを受講したことを思い出しました。

ES(従業員満足)なくしてCS(顧客満足)なし!

とさんざん聞かされました。

実社会でいろんなことを経験して、
改めてこれまで学んだことが
よみがえってきます。

私にいろんな気づきや刺激を与えてくれる
すべてのもの、すべての人に
感謝したいと思います。

コメントは受け付けていません。