ネーミングを考える際にぜひ参考にしてほしい人たちとは?

2017年12月26日顧客目線と顧客マインドを知る

あなたの周りには、
どんな人が多いですか?

きっとその業界の
プロフェッショナルたちに
囲まれているのでは?

と推察します。

これってとても
大切なことなんですが、

芝蘭は、
スーパー素人!

を大事にしています。

スーパー素人とは、
その業界なんて全く知らない。

だけど、
その人から繰り出される
質問が本質である!

という人のことを言います。

あなたの周りに、
スーパー素人はいますか?

もしいたら、
ぜひ耳を傾けてほしい。

芝蘭の周りにいる
スーパー素人の典型は、
母親です。

過去に電車内で、
楽天スーパーセールの
つり革広告を見たとき、

———————————–
最近、
よく広告を見るけど、
楽天ってどこにあるの?
———————————–

と聞かれました。

新鮮すぎて、
倒れそうでした。

さらに、

芝蘭がMBA(経営学修士)を
取得するために
経営大学院に通っていた頃、

———————————–
ねぇ、最近も
MBS(エムビーエス)頑張ってるの?
———————————–

と聞かれました。

なんのことを言っているのか
最初は理解できませんでした。

MBSは毎日放送ですしね。

しばらくしてから、
MBA(エムビーエー)のことを
言っているのだとわかりました。

最近のきわめつけは、

———————————–
あなたの本を手掛けた、
かんきつ出版の編集者さんは
お元気なの?
———————————–

でした。

いや~、
スーパー素人のネーミングの
記憶違いって素晴らしい!

ちなみにですが、
芝蘭の著者は、かんき出版です。

『死ぬまでに一度は読みたいビジネス名著280の言葉』
(芝蘭友著/かんき出版)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272147/withup-22/ref=nosim

サボテンが
ロゴマークの出版社なのに、

かんきつ(柑橘)っていう
思い違いも面白いと思いました。

つまり、
こういうことです。

世の中の人たちが、
正確にネーミングを
記憶するなんて本当に難しい!

ということです。

業界が違う人なら、
なおさらですね。

あなたの
一生懸命考えたサービス名は
伝わっていますか?

ネーミングは本当に
重要だなと思う芝蘭です。

長いネーミングの場合は、
通称名を作るのもいいですね。

ちなみにうちの会社では、
講座がすべて暗号のように
管理されています。

例えば、

———————————–
BP(ビーピー)
SP(エスピー)
LP(エルピー)
BM(ビーエム)
IP(アイピー)
LD(エルディー)
———————————–

とか。

こういうのも面白いですよ。

新しいスタッフが
入ったときには、

やり取りがスパイの暗号か?

という感じで、
最初はまったく理解
できないようです。

慣れたらわかります。
暗号が!!

ぜひネーミングに関しては、
スーパー素人の意見も
大事にしてください。

今日もすばらしい一日を!


追伸)

クリスマスプレゼント企画は、
終了しました!

小冊子の特典の写真も
お見せできていませんでしたが、
ご購入いただいた方に感謝です。

コンテンツには
絶対の自信を持っています。

年末年始の教材として
いただければ幸いです。

ありがとうございました。


※芝蘭への質問はこちらから
https://m.shirayu.com/p/r/p73pbV6G

※『死ぬまでに一度は読みたいビジネス名著280の言葉』
(芝蘭友著/かんき出版)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272147/withup-22/ref=nosim

コメントは受け付けていません。