自分の世界観を表現できない人が持っていないものとは?

2019年02月06日発信力・メッセージ力

昨日のメルマガは
ご覧いただけましたか?

超一流ホテルのシェフが
いいことを言っていたので、

見逃していた方は、
読んでおいてくださいね。

個性の時代で苦労する人、
苦労しない人の違いを作るものとは?
https://shirayu.com/blog/dailyml/leadership/7734.html

さて、
どう生きるか?

あなたは
考えることがあるでしょうか。

いわゆる人生観を
導き出すためには、

———————————–
自分という軸を
明確にすること
———————————–

から始まります。

自分が
どう生きたいのか?

そこが不明確なままでは、
「世界観」や「人生観」など
浮き彫りになるはずがない!

ということですね。

世界観とは、
宣言すること!

です。

なにを宣言するか
というと、

———————————–
わたしはこんな人間だ!
———————————–

ということですね。

簡単すぎますか?

では確認しますが、
あなたは
それを宣言してますか?

かっこつけたり、
誰かと比べて引け目を
感じたりしていませんか。

ぜひ、自分はこういう人間なんだ!
と宣言してください。

宣言したらどうなるか?

共感者が現れますよ。

不安なこともいっぱい
あるかもしれませんが、

信じてほしいことは、

———————————–
本当の想いは、
引き合ってしまう
———————————–

ということです。

誰も引き寄せていないなら、
本当の自分を
表現しているのか?

を振り返ってください。

自分軸を明確に
表現できているのか?

を確認してください。

嘘とかフェイクって、
はっきりいって、
つかれるんですよ。

ちなみに余談ですが、
うちの社内では、

「疲れる」という文字を
漢字で書くのを禁止!!

しています。

どうしても書くときは、
「ひらがな」で書く!!

が、ルールとなっています。

なぜか?

「疲れる」という文字を
漢字で見るとよけいに
しんどくなるからです。

これは芝蘭の世界観です。

それはいや~
という表現しています。

言葉を生業としているので、
どうしてもね、敏感になる。

ですが、
これが芝蘭の世界観。

そうやって、
少しずつ

———————————–
自分という存在を
確かなものにしていく!
———————————–

ということが大事。

確かな自分をひとつ、
またひとつ積み上げて

自分だけの
世界観を築いていく。

そこから光が生まれ、
人に届く大きな光になり、

自分の人生が輝きだす
のではないでしょうか?

自分軸から
すべては始まります。

ノウハウやハウツー学ぶ前に、
自分と向き合ってください。

自分のなかに
眠る光を消し去るな!

です。

今日もすばらしい一日を!

コメントは受け付けていません。