プロフィールで読み手を不安にさせてしまうパターンがある。

2019年11月21日ビジネスプロフィールの作り方

本日はちょっと
気になることをお伝えします。

あなたはプロフィールが

 
「過去抹殺型」に
なっていませんか?

過去抹殺型とは、
簡単に言うとですね、

いままでの略歴や経歴が
まったく見えずに
プロフィールを書いている

というパターンです。

このパターンの特徴は、
新しいことを始めた人に
多くみられます。

新しいことを
一生懸命にもりだくさんで
書こうとするのです。

ですが、

———————————–
・なぜこれを?
・なぜあなたが?
———————————–

がまったく見えてこないので、
読み手はどう思うか。

ただただ、不安。

以上です。

つまり、
過去抹殺型パターンの
プロフィールでは、

ストーリーに
なっていない!!

ということですね。

あなたは大丈夫ですか?
 
過去→現在→未来
につながっていく
ストーリーが描けていますか?

このつなげ方がまずいと、

———————————–
・経歴書みたいに見える
・おそろしく長い文章
———————————–

という残念な結果に
なっている人がほとんど。

これでは読み手に
共感を与えられないのです。

では、どうやったら
そこから抜け出せるのか?

はい、考えてください。

考えましたか?


正解は、

———————————–
本質を言い表す
ことばをひとつ見つける
———————————–

です。

その言葉を主流にして、
枝葉を選定していくのです。

ですが、
たいていの人が、

枝葉をごちゃごちゃと
並べただけで、

主流となる
メインストーリーが
まったく見えないのです。

自分の本質を一発で言えないから、
その現象が起こります。

芝蘭のところにきた
卒業生たちのが活躍するのは、

———————————–
他の人にはない、
自分だけの価値を表す
言葉を手にしたから!!
———————————–

です。

過去抹殺型のプロフィールでは、
読み手に不安を与えてしまう、

ということは
覚えておいてくださいね。

今日もすばらしい一日を!

コメントは受け付けていません。