『ネットビジネス進化論: 何が「成功」をもたらすのか』(尾原和啓著/NHK出版)vol.567

2020年09月08日

横糸、です。



分厚い本ですが、
ネットビジネスの進化が
わかるなら読んでみたい!

と思った一冊。

ネットビジネスのプレイヤーが
頭に入っていれば、
なるほど、そういうことだったのか、

とビジネスの構造が
見えてきたりします。

分厚いですが、
すぐに読める本でした。

————————————
『ネットビジネス進化論:
何が「成功」をもたらすのか』
(尾原和啓著/NHK出版)vol.567
<Amazonで購入>
https://amzn.to/3m8fHoj
<kindle>版
https://amzn.to/3hd5mn8

ネットビジネスにおいて
最も大切なのは「入り口」です。

つまり、「何を探すか」は
大きく「コンテンツ」「コマース」
「コミュニティ」の3つに分けられ、
「どう探すか」は「目的型」
「非目的型」に分けられる。

何かができるように手助けすることを
「イネーブラー(enabler)」といいます。

キャッシュレス化によって、
お金のやりとりがすべて「リンク」
になると、個人のIDと企業のIDも
つながるようになります。(略)
いままでネットショップでしか
とれなかったようなデータを、
リアル店舗でもとれるようになるわけです。

すると、オークションで手間暇
かけて高く売るより、ちょっと
くらい安くてもいいから、
すぐにでも売りたいという需要が出てきます。
メルカリが狙ったのは、後者の人たちでした。

「検索型」は、ボタンを押せば
すぐに商品が出てくる自動販売機よりも
さらに一歩進んで、注文するという
行為そのものがなくなる「完全自動化」
への道を歩み、「探索型」はコマースと
コンテンツとの境界がなくなり、
迷うこと自体が「エンタメ化」
していくと見ています。

分類できないということは、
検索できないということです。

ストック情報とフロー情報では、
ビジネスの設計の仕方が根本的に異なります。

一方、フロー情報は1週間しかもたないから、
短期間でいかに回収するかという
ビジネスの設計が重要になります。

つまり、無料の情報があふれている
現在において、人が情報を得るときの対価は、
①情報そのものの価値(情報コスト)に加えて、
②すぐに情報が手に入ること
(情報を探すためのコスト)、
③不安なく正しい情報が手に入ること
(情報の信憑性をチェックするためのコスト)
に対して支払われるのです。

田尻さんは同書の中で、
子どもがハマる遊びの4原則として、
「収集」「交換」「育成」「対戦」の
4つを考案しています。

一方、ゲームは、ケタ違いの
プレイヤー数を誇るだけでなく、
見て楽しむ層もかなりいます。だからこそ、
ゲーム実況だけで生活できる
ユーチューバーが何人も登場しているのです。

一つは、ビジネスで成功するには
「タイミング」が重要だということです。
もう一つは、ネットビジネスは
「この先どこに向かうのか」ということです。

では、ある技術が普及するかどうか、
普及するとしたらいつごろかを見極めるには、
どうすればいいでしょうか。たとえば、
「ハイプ・サイクル」(図29)が
参考になると僕は考えます。

もう一つ大事なことは、この本で
何度も説明してきたように、
「機能価値」から「感情価値」へ、
人がお金を払う基準が移ってきている
ということです。機能価値はすでに
満たされつつあるだけでなく、
パクられやすい。しかし、
誰とどういうふうに楽しむのか、
という感情価値はほかのものでは代替できません。

僕は「縦糸」「横糸」という
言葉を使いますが、ここでは業界が
「縦糸」にあたり、テクノロジーが
「横糸」にあたるわけです。

ネットビジネスという「横糸」を得ることで、
あなたが本来やりたかったこと、
ワクワクすることという「縦糸」が蘇ってきます。


参照:
『ネットビジネス進化論:
何が「成功」をもたらすのか』
https://amzn.to/3m8fHoj
<kindle>版
https://amzn.to/3hd5mn8
————————————



というわけで、



▼「共感・意外性・感動」の法則を解き明かす!
———————————–
やりたいことがあってのテクノロジーでは?
———————————–

なんでもそうですが、
構造とか、背景を知っておく

ってとても大事ですよね。

表面の上っ面の
言葉をつかめて動くのは
とてもムダが多い

と予感しています。

コメントは受け付けていません。