『具体と抽象 ―世界が変わって見える知性のしくみ』(細谷功著/dZEROインプレス)vol.286

2014年12月12日

こんにちは、

本日の一冊は

『具体と抽象 ―世界が変わって見える知性のしくみ』

(細谷功著/dZEROインプレス)です。

 

『具体と抽象 ―世界が変わって見える知性のしくみ』(細谷功著/dZEROインプレス)

 

往復運動、です。


もう金曜日ですか!?
早いですね。


夏以降の記憶があまりないです。


最近会う人には、
「それは、充実しているってことですね」
と言われました。


今回はこのメルマガで紹介した
「下半期ベスト10!」も紹介しますね。


さて私が今年気になっていたキーワードが
いくつかあります。


そのうちのいくつかを言うと、
「教養」、「抽象化」、「脳」、
「イノベーション」、「内部資源活用」です。


そのすべてが今日の一冊の本の図解で、
つながったわけなのです。


何がつながったかというと、
いまの時代がどのフェーズにあるか?


これを考えればわかります。


そうです、
時代は安定期ではありません。
間違いなく変革期です。


変革期に必要とされる能力は ?


というと、
「抽象度の高さ」です。


わかりやすく言いましょう。


「抽象化」の反対は「具体化」ですね。


あらゆるものが陳腐化していく時代において、
下流にある「具体案」を1つ1つ
あーでもない、こーでもない、
なんて言っていられる時代ではない!


ということです。


上流から、
構造化して抽象レベルで
見ることができないとですね、


いくら時間があっても足りません!


という話なのです。


話がかみあわない、
というのも
「抽象」と「具体」のレベルが
そろっていないから。


私は幸い、
意思決定者とのやりとりなので、
話が早いです。


なぜか?


それは、
抽象度をあげて話ができるからです。


つまり、
不連続な変革期においては、
抽象度の高い議論が求められる!


ということ。


逆に言えば、
連続的な安定期においては、
具体性の高い議論でも大丈夫!


ということ。


いまはどっち~?


ですね。


年内に自分の注目していた
キーワードが時代にあっているものだった、
というのがわかってスッキリしました。


「要するに」と言ったあと、
ダラダラ話していると
「抽象化」ができていないことです。


例え話がうまいのは、
「脳の抽象度」が高い証拠です。


経営者のみなさん、
時代のキーワードをおさえて
がんばっていきましょう!

 

 

————————————————————————
『具体と抽象 ―世界が変わって見える知性のしくみ』(細谷功著/dZEROインプレス)

<Amazonで購入>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844376578/withup-22/ref=nosim


言葉と数を生み出すのに必要なのが、「複数のものをまとめて、
一つのものとして扱う」という抽象化です。

抽象化とは複数の事象の間に法則を見つける「パターン認識」
の能力ともいえます。身の回りのものにパターンを見つけ、
それに名前をつけ、法則として複数場面に活用する。

抽象とは、それらをまとめて「関係性」や「構造」として扱うことができます。

抽象化のツールとして「シンプルな図解」があげられます。
図解は「関係性」を表現するためのものです。

たとえ話のうまい人とは「具体→抽象→具体という往復運動
による翻訳」に長けている人のことをいいます。

つまり、「共通点と相違点」を適切につかんでいることが抽象化、
ひいてはたとえ話の出来映えを決定するというわけです。

何か具体で何が抽象かというのは、絶対的なものではなく、
お互いの関係性で成り立つものです。

「本質をとらえる」という言い方がありますが、これもいかに
表面事象から抽象度の高いメッセージを導きだすか
ということを示しています。

上流の仕事は、コンセプトを決めたり、全体の構成を決めたりする
抽象度の高い内容なので、分割して進めるのは不可能です。

上流では個性が重要視され、「いかにとがらせるか?」が重要なため、
多数決による意思決定はなじみません。

どこまで「単純化」することができるか、これが抽象の世界のすべてです。

抽象化して話せる人は、「要するに何なのか?」を
まとめて話すことができます。膨大な情報を目にしても、
つねにそれらの個別事象の間から「構造」を抽出し、なんらかの
「メッセージ」を読み取ろうとすることを考えるからです。


参照:
『具体と抽象 ―世界が変わって見える知性のしくみ』(細谷功著/dZEROインプレス)
<Amazonで購入>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844376578/withup-22/ref=nosim
————————————————————————

 


というわけで、

 


▼「共感・意外性・感動」の法則を解き明かす!
┌───────────────────────────────────┐
├○
├○   もうひとつ「抽象度」をあげられないか?
├○
└───────────────────────────────────┘


ちなみにこの本の著者は、
「地頭力を鍛える」という本で
ベストセラーになった細谷氏ですね。


『地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492555986/withup-22/ref=nosim


情報検索して
満足していてはダメですね。


「調べている」は「考えている」ではありません。


間違えないように注意ですね。

コメントは受け付けていません。