『絶対に達成する技術』(永谷研一著/中経出版)vol.219

2013年08月15日


こんにちは、

本日の一冊は

『絶対に達成する技術』(永谷研一著/中経出版)です。

 

 

『絶対に達成する技術』(永谷研一著/中経出版)



エフ、です。



さて、お盆休みまっただ中の方が
多い感じでしょうか。

気合いが入る本に出合ったので、
木曜日ですが配信いってみます!

そろそろ今年後半戦の調整を
お盆明けくらいに見直す人も多いはず。

というわけで、

今日は先取りして
目標達成のために振り返る
面白い本を!

語尾がはっきりしている本が
私は好きなんですよ。

少々きつい感じがするくらいで
ちょうどよい。

「日付のない目標は単なる『願い』にすぎません」

「頭で考えることは行動ではありません」

ねっ!
目が覚めるでしょ!?

後半戦にむけて、
絶対に達成したいことがある方には
よいと思います。

言葉の定義を明確にしてくれているのも、
かなり私好みです!

ちなみに、
特許をとっている行動定着システムだそうです。
すごいですね。

サイエンスの世界かもしれません。

 

———————————————————
『絶対に達成する技術』(永谷研一著/中経出版)

<Amazonで購入>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4806148326/withup-22/ref=nosim


私にしてみれば「一生懸命に勉強して試験に合格する」
と考えること自体がすでに根性論です。少なくとも科学的ではありません。

データによると、この「ついでに」という技術を使うだけで、
単に「帰宅後に勉強する」のと比べて4.2倍も習慣化しやすくなります。

そこで、「○○しない」を、「○○する」というポジティブな行動に変えると、
続けることができます。

(略)PDCFAというサイクルを考案しました。つまり、CとAの間に、
「フィードバックを取り入れる(F)」を加えたのです。

孤独は目標達成の敵です。

あるべき姿(目指すべき結果や状態)と、現実とのギャップを「問題」と呼びます。
「課題」は、優先順位が高い問題を解決するために取り組む内容。
「成果」は、達成期限と数値目標が表現されているものです。

「正しい目標」には、いつまでに達成するのかという期限が必要です。
もし日付が書かれていなかったら、それは正しい目標ではなく、
単なる「願い」です。

次の3つの点に関しては、無条件に優先順位を最上位に
もってくる必要があります。
1.結果的に、重大なリスクを及ぼしかねないもの
2.業績に著しくインパクトのあるもの
3.そこを解決しないと、次に行けないもの

行動には2種類あります。「やること」と「行動し続けること」です。
「やること」は、1回だけの行動、いわゆるタスクです。

目標達成のための行動には「立派な言葉」はいらないのです。

目標達成する人は、自分が好きな人です。「できた」自分を
認めることで、どんどん自分を好きになることができるのです。

仕事とは創造性を発揮することなのです。創造性がある人は、
他者をけっして好き嫌いで判断しません。

フィードバックの構造は「共感+質問」です。共感だけでも、
質問だけでもいけません。両方セットであることが肝心なのです。


参照:
『絶対に達成する技術』(永谷研一著/中経出版)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4806148326/withup-22/ref=nosim
———————————————————

 


というわけで、

 


▼「共感・意外性・感動」の法則を解き明かす!
┌───────────────────────────────────┐
├○
├○   それが本当に「正しい課題」か?
├○
└───────────────────────────────────┘

仕事の生産性をあげるために、
考えるべき3つのチェックポイントが
書いてありました。

「合併」「委譲」「中止」
の視点ですね。

・別の仕事と一緒にできないか?
・他人に任せられないか?
・その仕事をなくしても成果がだせないか?

です。

後半戦にむけて見直し見直し~!

コメントは受け付けていません。