なぜか捨てられないチラシに出会いました。

2008年10月22日

 

なぜか捨てられないチラシに出会いました。

 

先日、ポストに投函されていたチラシ。


オレンジ色のA4用紙がくるくると丸めてあり、
赤い輪ゴムでとめてありました。

 


(これ、なに?)

 

よく考えてみれば、ポストから郵便物を取り出すとき、
私たちは瞬時にこう判断していると思います。


これは持ち帰るべきか?否か?


昨今はどうしても、
見て見て見て~!!!

というチラシが多い気がしますが、
この「オレンジ色紙くるくる丸め作戦」には、
どーもひっかかりを覚えました。


なぜなら、
持ち帰るべきか、否か、
瞬時に判断がつきません。


そして、手荷物を抱えたなかで、
輪ゴムをはずして見る余裕もない。

 

だけど、
それを見ずに捨てる勇気もない(笑)


それで、このオレンジ色紙くるくるは、
どんなチラシだったかというと、


着物の染み抜き
1枚からOK!取りに伺いますよ!


というものでした。


もちろん、部屋に持ち帰って開けてみました。

輪ゴムをはずして、
くるくる巻いた紙を机の上で必死に伸ばして(笑)


このチラシのすごいところは、
必ず、部屋まで持ち帰る可能性が高い
ということでしょう。


実際、同じようにポスト前で手荷物を
抱えた女性も、
オレンジ色紙くるくるを、


ん???


と見ていましたが、ゴミ箱には入れていませんでした。


お持ち帰り!です。

 

手間としては、
くるくる丸めることと、
輪ゴムの経費がかかることでしょうか。


だれか、コンサルタントがついているのだろうか?


と、思ったくらいです。


文面はパソコンで打ち込んであるのですが、
地図が、
妙に「味のある」手書き。


(な~んだ、着物か、染み抜きか)

と思う間もなく、

間髪入れずに、その手書きの地図に
目がいく仕掛け。


なんだか、いまも捨てられずに
デスク前においてあります。


なんてったって、
場所をとらないのがいいです。

そして、きれいなオレンジ色をみていると、
なぜか元気が出る。


いつもは派手なチラシをおいておくと、
目が疲れてしまって、
場所もとるし、すぐに処分していました。


でも、今回はなぜか捨てられない。
いまは必要ないけど、とっておこうと思えたチラシ。


かなり勉強熱心な経営者か、
コンサルタントがついているのかな?と
思わされたチラシでした。


というわけで、

 

●「共感・意外性・感動」の法則を解き明かす!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

第一段階突破の法則。
それを手にしているお客さんの状況を洗い出す。


見えないから見たくなる!?
あえて「袋とじ効果」でチャレンジ。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

きっと、このチラシにはほかにも
仕掛けがあるはずです。

もう少し、研究してみます。

 

コメントは受け付けていません。