『「値づけ」の思考法』(小川 孔輔 (著)/ 日本実業出版社)vol.513

2019年07月30日

本日の一冊は、『「値づけ」の思考法』(小川 孔輔 (著)/ 日本実業出版社)です。






プライシングです。




ビジネスをする人間にとって、
値づけは避けて通れません。

プライシングに関しては、
いろんな本があります。

むずかしすぎず、省略しすぎず、
非常にいい塩梅の本でした。


————————————
『「値づけ」の思考法』
(小川 孔輔 (著)/ 日本実業出版社)vol.513
<Amazonで購入>
https://amzn.to/2KhH8JU

ブックオフの値づけのシステムは、
とてもシンプルです。
定価の10分の1で買い取った本を、
再生した後に半値で販売するだけなのです。

1.季節や時間帯、
顧客によって価格を変えるかどうか?
2.利益を出すために、
利幅(利益)を大きく取るか?
あるいは、小さな利幅で売り上げ増
(客数、買上点数)を狙うか?
3.売上と利益を増やすために、
顧客の心理をどのように利用するか?

近年、私が注目している小売業の
チェーン店は、ユニクロ、無印良品、
ハニーズ、しまむら、ニトリです。
これらの共通点は、プライスライン
(価格帯)がとても狭いことです。

このように美容室では、
個人のニーズに合わせた
高付加価値を提供する
プレミアム価格戦略がとられているのです。

理容室と美容室では
商圏の広さも異なります。
理容室は原則的に地域密着型、一方、
美容室は商圏が広くて、
わざわざ電車に乗って髪を切りに
人もいます。それは、お客がお店ではなく
美容師についているからです。

コンビニの本部が値引きに
消極的だった理由は、定価販売を
維持することで発注作業をシンプルにし、
加盟店に的確な需要予測に基づいた
をさせるためだったのです。

駐車料金は、駐車違反の摘発率とも
関係があるのです。(略)
コインパーキングの駐車料金は、
原価(月極め料金)から算出されるだけでなく、
罰金との兼ね合いからも
計算されているのです。

カクヤスが利益をしっかり
出せている秘密は人件費にあります。
カクヤスの場合、店の売上に占める
「店員」の人件費は、売上の5.5%。
それに対して、お酒を「配達」する
ためにかかる物流費
(ほとんどが人件費)は4%。

カクヤスの急成長の裏には、半径1.2km
ごとに出店し、短期間で東京23区の
ほぼ全域をカバーしてきたという事実があります。

じつは、「エコロジー」や
「社会貢献」は、下取りセールの
重要なキーワードです。

レアジョブのフィリピン人による
英会話レッスンは、ネットの性質を
うまく価格戦略に活用した
「時差ビジネス」といえます。

ランドセルの情報収集から
購買決定に至るまでに行動は、
小学校入学前の6歳児を持つ母親の間では、
いつしか「ラン活」と
呼ばれるようになりました。

限定品の販売方法には、
次の5つのタイプがあります。
1.期間限定
2.数量限定
3.地域限定
4.チャネル限定
5.顧客限定

マクドナルドでは、
「カウンターで注文を受けてから、
どんなに遅くても3分以内に商品を提供する」
というルールがあります。実際に、
商品提供までの時間を1秒短縮するだけで
売上が8億円増えるともいわれています。

参照: 
『「値づけ」の思考法』(小川 孔輔 (著)/ 日本実業出版社)vol.513
<Amazonで購入>
https://amzn.to/2KhH8JU
————————————






というわけで、




▼「共感・意外性・感動」の法則を解き明かす!
———————————–
値ごろ感を演出できていますか?
———————————–

買いたくなる価格には
必ず理由があるとの見出し。

値づけの基本方程式、
限定品商法のティージング効果、
価格バリエーションなど、

気になる方はぜひ
読んでみてくださいね。

コメントは受け付けていません。