『ノーリスクで儲かる仕組みをつくる「コラボ」の教科書』(鳥内浩一著/かんき出版) vol.223

2013年09月13日


こんにちは、

本日の一冊は

『ノーリスクで儲かる仕組みをつくる「コラボ」の教科書』

(鳥内浩一著/かんき出版)です。

 

『ノーリスクで儲かる仕組みをつくる「コラボ」の教科書』(鳥内浩一著/かんき出版)



前後、です。



配信遅くなりました。

すみません!!

さて、今日はいきなり本題にいきます!

・どこと組むか?
・誰と組むか?

ビジネスの感覚が優れた人は、
間違いなくそこをしっかり観察しています。

なぜなら、
それが経営に大きくインパクトを
与えるからにほかなりません。

私も昨日、あまりにもうまいサービスに
出合って思わずうなりました!

そして、さっそく
会社概要と沿革をチェック。

なるほど、最近O社が資本に入ってきたのか、
うまいなと関心していました。


さて、今日の本はひとことで言えと
言われるとこの4ワードで説明できます。

●販売力×商品力
●経営資源×ニーズ

個人的には、
・交渉の前段階で役立つ
・バリューチェーン分析をする際の参考になる

と思いました。

「コラボ」する際には、
当たり前ですがきちんと自社分析が
できていないことには話になりません。

 

———————————————————
『ノーリスクで儲かる仕組みをつくる「コラボ」の教科書』(鳥内浩一著/かんき出版)

<Amazonで購入>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761268905/withup-22/ref=nosim


コラボ相手との組み方を考える際、まず理解しなければならないことは、
コラボとは、ニーズと経営資源のマッチングであるということです。

コラボが失敗するケースのほとんどは、「相手の本業のニーズを
理解していない」ために起こります。

このコラボをオイシックスの視点から見ると、すでに一般家庭に販路を
持っていて、かつ宅配で頻繁に顧客宅を回る牛乳屋さんとコラボすることで、
インターネットだけでは開拓しきれなかった顧客の開拓ができています。

あなたの商品やサービスを買う人が、その前後に取引する人は誰か。

あなたの商品やサービスの前後に買われるものは何か。
それを考えれば、コラボ相手が見えてきます。

このような心理的な「壁」は世の中に多数存在しています。
その壁のために、あなたの商品やサービスを
「買いたくても買えていない」顧客がいないか、ぜひ考えてみてください。

カルビーアメリカの現在の主力商品は、日本では発売していない、
「Snapea Crisps」という商品です。
そのキャッチコピーは、「スナックのようなサラダ」。
売り場もお菓子売り場ではなく、生鮮食品売り場で販売されています。

セーレンのニーズは、自社の繊維技術を活用して医療事業に参入し、
収益を拡大したいというものでしょう。彼らの経営資源は、人工血管に
応用できる繊維技術という商品力です。


参照:
『ノーリスクで儲かる仕組みをつくる「コラボ」の教科書』(鳥内浩一著/かんき出版)
<Amazonで購入>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761268905/withup-22/ref=nosim
———————————————————

 


というわけで、

 


▼「共感・意外性・感動」の法則を解き明かす!
┌───────────────────────────────────┐
├○
├○   「前後」が意外に「死角」。
├○
└───────────────────────────────────┘

著書の中に出てきた
サンプルを1つ紹介します。

お互いの経営資源を
どう価値交換するか(提携方法)は
この4つだそうです。


●経営資源の価値交換・4つのパターン(商品力強化)
1.商品力をお金で買う
2.商品力を販売力で買う
3.商品力を商品力で買う
4.商品力を融合させて新たな商品力を生む


きちんとわかって使いこなしたいものですね。

コメントは受け付けていません。