『3秒で落とす 元祖!「1枚企画書」』竹島愼一郎著 vol.65

2010年04月02日


こんにちは、

本日の一冊は、

『3秒で落とす 元祖!「1枚企画書」』竹島愼一郎著です。

 

『3秒で落とす 元祖!「1枚企画書」』竹島愼一郎著

 

 

1枚完結です。

 

 


私の中での保存本。

それは、
『パワポで極める 1枚企画書』です。
http://bit.ly/cl2eDs

ただ、何かの折にふれて見返すために
持ち歩くには少しかさばる。

そんな中、先日書店で同著者の
新書版を発見して本当にうれしくなりました!
『3秒で落とす 元祖!「1枚企画書」』

ただ、短ければ短いほど難しい。

一定の法則をおさえておかなければ、
1枚にしただけで終わってしまいます。

伝わらない企画書を提出しようものなら、
思考能力が乏しいのかと誤解されかねません。

意味不明の企画書を提出して
恥をかきたくない方はぜひ一読を。

伝わる企画書とは何ぞや?
について教えてもらえます。

 

———————————————————–
『3秒で落とす 元祖!「1枚企画書」』(竹島愼一郎著/アスキー・メディアワークス)

<Amazonで購入>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048684809/withup-22/ref=nosim


実は私の「1枚企画書」の原型は、
この1枚で要約したコンセプトマップなのです。

人間の目は左右についているため、何かを比較したりするとき
上下より左右に並べたほうが見やすく、
瞬時に認識できるので、左右に幅があるほうが利点が多いのです。

4という数は、東西南北や春夏秋冬のように、
ものごとのすべてを言い表す秩序と調和の数字です。
企画書でもよくこれを利用します。

何かを思い起こすとき視線が動くのは左側であり、
映画館で左視野を広くとれる、向かって右側の席に
座ったほうが見やすいと感じられるはずです。
(逆の理由で字幕は右側です)

ダイナミック(動的)な内容をともなうものは
左右対称ではなく非対称の構図にします。

「ブロック矢印」は方向性を示すのに最適ですが、
実際には二等辺三角形を使ったほうが
きれいに見せることができます。

商品のネーミングを目立たせたいときには
ただの円ではなく、二重円にして内と外とで
線の太さを変えると高級感が生まれます。

「グラフは数字を見せるもの」と思われるかもしれませんが、
実際には「客観的に正しい事実を示して、
たった1つのことを指摘するもの」といったほうが当たっています。


参照:
『3秒で落とす 元祖!「1枚企画書」』(竹島愼一郎著/アスキー・メディアワークス)

<Amazonで購入>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048684809/withup-22/ref=nosim
———————————————————–

 


というわけで、

 


●「共感・意外性・感動」の法則を解き明かす!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「紙」のムダ遣いよ、さようなら。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

私は図解本、プレゼン系の本は
大なり小なりすべてチェックしています。

なぜなら、
「図」が好きだからです(笑)

きれいな図、躍動感あふれる図は
見ているだけで本当にやる気になります。

先日、『夢が現実化する「1枚図解」』(池田千恵著/明日香出版社)
http://bit.ly/c281eO
を読んで、
なるほどなと思ったことがあります。

“図には、考えるための図と、伝えるための図の2種類がある”
という著者の言葉。

私はいままで
「伝えるための図」に注力していましたが、
「考えるための図」についての視点をもらったことは
とても面白い発見でした。

伝える前にまず頭の中を整理したい方、
効率よく考えるための図を体得したい方は
『夢が現実化する「1枚図解」』
http://bit.ly/c281eO
を参考にしてみてください。

五感が刺激される図は、
私にとっては最高のご馳走なのです。

 

コメントは受け付けていません。