『リバース・イノベーション』(ビジャイ・ゴビンダラジャン著/ダイヤモンド社)vol.178

2012年10月26日

こんにちは、

本日の一冊は

『リバース・イノベーション』

(ビジャイ・ゴビンダラジャン著/ダイヤモンド社)です。

 

『リバース・イノベーション』(ビジャイ・ゴビンダラジャン著/ダイヤモンド社)



逆流、です。




前回、いま分厚っつい本を
読んでいる最中だ!

と言い訳をしておりました。

はい、読みました!

結論は「逆流」です。

前にもお伝えした通り、
私の好きなど真ん中のテーマ、
「イノベーション」についてです。

途上国で最初に採用されたイノベーションのことを、
リバース・イノベーションと言うそうですが、
まぁこれが面白いというか
なんというか。

逆方向のイノベーションについて
詳しく書いているのはこの本くらいでは?

ハーバード・ビジネス・スクールで博士号を取得し、
とっても偉い方が著者。

優良企業と言われているGEから、
経営学者でありながらコンサルタントとして
招かれた初の人だそうです。

で、内容もリバース・イノベーションに成功した
企業の事例がでてきます。

なぜ、P&Gがメキシコ市場の生理用品で苦戦したか?

インドで生まれて世界に広がった
携帯型心電計をGEはどのように仕掛けていったか?

前回もお伝えしましたが、
「電気のいらない冷蔵庫をつくっちゃう~」
みたいな発想って既存の延長上には
ない気がするのですよ。

そうそう、被災地におくられた
ソーラーランタンもこの
リバース・イノベーションの事例なのですよ!

 

————————————————————————
『リバース・イノベーション』(ビジャイ・ゴビンダラジャン著/ダイヤモンド社)

<Amazonで購入>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478021651/withup-22/ref=nosim


日本の経済界のリーダーは、
一〇〇〇円使える人が一人いるのではなく、
一〇〇円使える人が一〇人いると考えなくてはならない。

リバース・イノベーションの最も興味深い特徴は、
途上国で生まれながらも、しばしば富裕国へと
「逆流」していくことである。

たとえば、人口では中国が一位、インドが二位である。
世界人口の実に八五%に当たる五八億人が貧困国で暮らしている。

リバース・イノベーションは発明からではなく、
忘れることから始まる。

途上国の人々はむしろ、超割安なのにそこそこ良い性能を持つ
画期的な新技術を待ち望んでいる。
つまり、わずか一五%の価格で、
五〇%のソリューションを望んでいるのである。

バングラデシュで始まったマイクロクレジット(小規模融資)
のビジネスモデルは、一〇〇カ国以上に広がっている。

多くの中国人にとって、電気自動車が最初の車となるだろう。

グローカリゼーションは、国境を越えたマイナーチェンジには
対応できるものの、富裕国と貧困国のギャップを
解消するまでには至らない。

ソニーは中国で、型落ちの製品や技術を販売した結果、
サムスンに追い抜かれた。インドの地方に住む貧困者は、
安い白黒テレビを買うために列をなして待ったりしない。

グローバル企業の経営幹部はグローカリゼーションに
慣れているので、新興国では利益率が低くなるだろうと考える。
リバース・イノベーションはそうではない。
これは価値の届け方とコスト構造の両面を
再設計することを意味している。

今後二〇~三〇年のうちに、貧困国で市場リーダーになることが、
富裕国で力を維持し続けていくための必要条件になるだろう。

リバース・イノベーションにとっての最大のハードルは、
科学的なものでも、技術面でも、予算でもない。
経営者や組織である。

世界中で一年間に製造される七〇〇〇万台の自動車のうち、
高級セグメントは最大でも一〇〇〇万台である。

複雑さは経済性の敵となる。

タタ・モーターズの二〇〇〇ドルの自動車<ナノ>は
所得ピラミッドの底辺ではなく、中間層をターゲットとしている。


参照:
『リバース・イノベーション』(ビジャイ・ゴビンダラジャン著/ダイヤモンド社)
<Amazonで購入>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478021651/withup-22/ref=nosim

————————————————————————

 


というわけで、

 


▼「共感・意外性・感動」の法則を解き明かす!
┌───────────────────────────────────┐
├○
├○  「罫線がある」ことに慣れていませんか?
├○
└───────────────────────────────────┘

そうそう、どれくらい
分厚っついかというと、
400ページくらいです!

たいしたことないですか?

ぜひまとまった時間がとれる
冬休み用の本として手にとっておきましょう!

ほとんどの人は、
おそらく目を通さない本です。

何度も言っておりますが、
私は天邪鬼ですからね。

天邪鬼がいいね、というのは
たいてい逆張りの本なわけですので。

今日のオープニングも
「逆流」ですしね。

CEO、投資家、戦略家、マーケター、
科学者、エンジニア、国家戦略立案者、
ビジネスで一旗あげようとする学生まで
読んでおけ!

と著者は言っておられます。

12月のアフリカ視察でとんちんかんを
やらかさないためにも参考になりました。

コメントは受け付けていません。