自分を表現するために知らなければならないこととは?

2018年03月26日勉強会

お花見はされましたか?

東京ではきれいに桜が
咲いています。

週末は散歩しながら、
桜を見て、空を見上げました!

さて。

あなたは、
最近、本を読んでいますか?

芝蘭も移動中に電車で
人を観察するのですが、

本を読んでいる人が、
本当に少なくなっている!!

言葉を得るためには、
やはり本を読むしかないのです。

ということで、
ちょっとそのあたり
かなりの危機感を持っています。

これを後押しする言葉を
見つけたのでシェアします!


言葉を知るということは
自分を知ることとイコールで、

自分をよりよく表現できるように
なることだからです。

by.茂木健一郎 脳科学者


いいですね!

言葉を知る=自分を知る

という主張です。

芝蘭もイチボン会では、
https://shirayu.com/service/ichibon.html

徹底的に言葉に向き合う
ワークを取り入れています!

これが楽しい。

なぜ楽しいか?

———————————–
相手の思考が、
丸見えになるから!
———————————–

です。

もっと言えば、
相手の価値観が見える。

ということですね。

価値観に紐づいた言葉が、
アウトプットとして
表出するということです。

自分の頭の中にない
「語彙」は出てきませんから!!

これが恐いわけです。

その人が、
どんな世界で生きているか?

これが見えるワークを
しているわけです。

借り物の言葉を使っているうちは、
まだまだです。

自分だけの言葉を
発信するようになったら
人生が変わります!

大事なことなので、
もう一度言います。

———————————–
自分だけの言葉を
発信するようになったら、
人生が変わる
———————————–

です。

大石さんは、
あなたばかりしていませんか?

自分のフィルターを通して、
アウトプットができているか?

ぜひチェックしてください。

ここができないことには、

・どんな本を読んでも

・どんなセミナーを受けても

時間とお金の無駄です。

言葉を通して、自分を知る。

価値観がくっきりと
浮かび上がってくるのも、
使う言葉からです。

ということで、
まとめますと、

———————————–
言葉には、色がついている
———————————–

ということです。

自分のアウトプットだけを
見ていてもピンとこないと思います。

誰かのそれと比べることで
自分を知る!

ということもできます。

面白いですよね。

今日もすばらしい一日を!


追伸)

4月、5月にイチボン会を
開催しようと思います。

イチボン会とは、
https://shirayu.com/service/ichibon.html
限定5名のランチつき勉強会

です。

5月は大阪でも開催します!

なんと大阪での開催は
2年ぶりのようです。

「大阪でももっと開催してほしい」

という声をいただきながら、
設定が遅くなってしまいました。

関西方面の方との出会いも
楽しみにしています!

よろしくお願いします。



※芝蘭への質問はこちらから
https://m.shirayu.com/p/r/p73pbV6G

※『死ぬまでに一度は読みたいビジネス名著280の言葉』
(芝蘭友著/かんき出版)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272147/withup-22/ref=nosim

コメントは受け付けていません。