顧客との対話を成功させる超簡単3ステップとは?

2018年04月16日ストーリー戦略

今週と来週は今年前半の
ハイライトかもしれません。

ということで、
乗り切ってみせます。

さて、あなたは
顧客と対話できていますか?

コミュニケーション戦略、
かんたんそうで難しい。

しかし、
世の中でブランドを
築いているモノは、

———————————–
顧客との対話ができている!
———————————–

ということは
間違いありません。

何に気をつけて、
対話していくべきか?

それを可能にする、
超簡単な3ステップを紹介します。

———————————–
・何を約束するか決める

・利点を語る

・未来を語る
———————————–

です。

これができていますか?

これができていないと、
イメージがわかない。

だから、
それを選ぶ理由もない。

だから、
アクションが起こらない。

ということになります。

まずは、
何を約束できるのか?

これを決めてください。

ブランドになる人やモノは、
必ずなにかを約束しています。

それを持つことで
得られる「優越感」であったり、

それを着ることで、
得られる「高揚感」であったり、

そこから学ぶことで、
得られる「特別感」であったり。

あなたが
もし結果が出ていないなら、

———————————–
なにかの約束事を
忘れているのではないか?
———————————–

ということを振り返って
みてはどうでしょうか?

ブランドになるためには、
他にはない何かを
覚悟として見せる必要がある!

ということですね。

だれも汎用品には、
覚悟を求めていません。

だから価格で比べられる。

ですが、

———————————–
ブランドには、
価格を超えた価値を見る
———————————–

それが人間の感情として、
当たり前の動きです。

芝蘭は、
ビジネスは心理学だ。

と思っているわけです。

人間の感情がわからない人に、
ビジネスはできない。

そう思います。

あなたが、
汎用品を販売しているなら
本日の話は役に立たない。

ですが、

芝蘭のメルマガを
読んでくださる方は、

「価値」を売っているはず!

だと思うのです。

価値とは何か?

———————————–
価値とは
受け手が感じるもの
———————————–

です。

顧客との対話、
しっかりできていますか?

今日もすばらしい一日を!


追伸)

なんと、38名の方から
名乗りをあげていただきました。

大勢でびっくりしました!

「ストーリー戦略パートナー講座」
に興味を持ってくださった方には、
本日より動画配信をします。

5月、6月、7月に
説明会をする予定です。

全員がこの講座の説明会に
参加するとは思いませんが、

まずは芝蘭の想いを動画で
聞いていただくことが前提です。

よろしくお願いします。


※芝蘭への質問はこちらから
https://m.shirayu.com/p/r/p73pbV6G

コメントは受け付けていません。