コロナショック・サバイバルで過去の呪縛を断ち切る。

2020年07月28日ビジネススキル

配信が遅くなりました。

7月21日に
ダ・ヴィンチニュース
https://ddnavi.com/review/648501/a/

7月25日に
船橋よみうり新聞
https://bit.ly/3hNALxn

のメディアに、
『転職・副業・起業で夢が実現!
安く売るより高く売れたい』(WAVE出版)
の記事が掲載されていました。

ありがとうございます。

さて。
本日は事業について。

最近、事業っていったい
なんだろうと考えます。

本日は火曜日なので、
書評メルマガで久しぶりに
骨太の本!

を取り上げようと
思っています。

短期間でどうこうする
という話ではなく、

長い流れにおいての
様々な企業の栄枯盛衰、

国内外のビジネスの流れを
冷静にみている
事業のプロであり、

また実務家による
のが紹介したい本です。

詳しくは
書評メルマガで
書きますが、

このメルマガでは、
キーワードを
伝えたいと思います。

———————————–
デジタル
  ×
中小企業
  ×
地方シフト
———————————–

これが生き残る道だと
書いてあります。

そして、
へぇ~と思ったことが
あるのですが、

「事業」
という言葉の語源は、
どこからきていると思いますか?

はい、
考えてください。

考えましたか?

正解は、
【易経】らしいです。

へぇ!ですよね。

言葉を分解すると、
業(わざ)によって
事(こと)をなす、ということ。

状況の変化に適宜
対応して物事を進める、

という意味が
原義にあるようですね。

なにをいまさら!

と思われるかも
しれませんが、

あなたは、

———————————–
どのような
業(わざ)によって
事(こと)を成すのか?
———————————–

ぜひ考えてみてください。

今日もすばらしい一日を!

コメントは受け付けていません。