抽象的な言葉が多すぎると結果が出ない理由。

2020年01月14日ビジネススキル

簡単な言葉で
人生を変える方法に
ついてお伝えします。

自分ひとりで
仕事している人にも、

誰かとチームを組んで
仕事している人にも
役立つと思います。

その簡単な言葉とは、
いったい何か?

それは、これ。

———————————–

動詞まで、語る

———————————–

です。

どういうことか?

説明する前にいままで
芝蘭が見てきた人の話を
しようと思います。

伝わるプロフィールが
書けていない人にも
共通するのですが、

大きくわけてダメな
パターンが2つあります。

———————————–
(1)抽象的すぎる
(2)具体的すぎる
———————————–

です。

はい、はっきりいうと
どちらもバランスが悪い!!

ということですね。

で、今回の話に
関係があるのは
(1)抽象的すぎる

の方ですね。

自分自身に対して、
行動が起こらない人が
やりがちな失敗です。

メモに、

・●日の期限
・▲▲の修正
・★★さん確認

と書いてしまうのです。

もちろんこれでも
わかります。

ですが、
ここもあえて

「動詞にして書く習慣」
を持つといいですよ、
ということです。

———————————–
・●日の期限に提出する
・▲▲の修正をする
・★★さんに確認してもらう
———————————–

というところまで、
書き込んでおくということ。

あなたは面倒だな、
と思ったかもしれません。

ですが、

自分だけがわかれば
いい場合にも、

あえて「動詞つき」で
書いておくことを
すすめたい芝蘭です。

なぜか?

それは、

———————————–
動詞には
「意志」が宿るから
———————————–

ですね。

意志までも書きとめて、
行動がカタチになっていく!

と最高ですよね。

言葉は想念がのる
生き物みたいなものです。

今日もすばらしい一日を!



追伸)

あなたが望む
ターゲットがちゃんと
引き寄せられていますか?

新・メディア戦略 特別セミナー
https://shirayu.com/mst/lp03/
・1月17日(金)19-22時※残席2
・1月22日(水)19-22時※残席3
・1月24日(金)19-22時※残席4

※すべてZoomセミナーです
※オリジナルテンプレートをプレゼント

楽しみにしています。

コメントは受け付けていません。