4つのパターンが生まれる対処法とは?

2020年01月07日ビジネススキル

あなたにお聞きします。


人は満足いかない
状況に陥ったときに
どんな対処法をとるか?


です。


全部が全部
物事がうまくいけば
いいですが、


そうはいかないのが
社会だったりしますね。


ということで、
科学者のハーシュマンの
著書によると、


4つのパターンがある!
とのことです。


その4つとは、

 

———————————–

1.離脱
2.発言
3.粘り
4.無視

———————————–

 

だそうです。


これは仕事だけではなく、
婚姻関係でもどんなことでも
当てはまるようです。


となったときに、


この4つに分かれる
ポイントは何だろう?


ですよね。


そのときにどれを
選ぶかの基準は2つ。


(1)コントロール
(2)コミット


とのこと。


要は、


決定権が自分にある
という気持ちが
コントロールです。


そして、


状況に関与したい
気持ちがあるかどうかが
コミットメントです。


あなたもぜひ参考に
してみてください。


望ましくない状況に
陥ったときに自分はいったい
どんな行動をとるのか?


です。


離脱なのか?
発言なのか?
粘りなのか?
無視なのか?


その行動によって、
まわりの人がこの4つを
知っていた場合、


「コミットメント」と
「コントロール」が
浮き彫りになっています。


コミットメントは、
どこでも誰でも
よく言っていますが、


もうひとつ、


「コントロール」
という軸があること、
覚えておいてくださいね。


自分の可能性を
信じて突き進む人を、


芝蘭は応援したいと
思っています。


今日もすばらしい一日を!

 


追伸)

「自分が何者なのか?」

を明確にできないと、
活躍できない時代になっています。

隣の人とあなたはどう違うのか
を明確に言えますか?

今年こそははっきりさせたい!
という方は、まずは
特別セミナーにご参加ください。
https://shirayu.com/mst/lp03/
※Zoom形式でのセミナーです

コメントは受け付けていません。