編集者の頭の中をのぞいて見えたものとは?

2019年07月19日発信力・メッセージ力出版

昨日は編集者に
インタビューしてきました。

またまた貴重なお話を
していただけました。

毎月、卒業生のために
会報誌を発行

しているのですが、
そこに登場してもらいます。

忙しいなかインタビューに
お越しいただきました。

100冊以上を作ってきた
実績がある編集者。

いつも芝蘭は編集者と
お話をするときに、

———————————–
頭の中は
どんな感じなんだろう?
———————————–

と気になっています。

時代と企画がズレると
話にならないので、

そのあたりを見極める目に
興味をもってしまいます。

印象に残ったことは
たくさんあるのですが、

———————————–
・役に立つか
・応援される人か
———————————–

ということを
強く語っておられました。

本を書きたい!
という人は多いけれど、

本当にこのあたりを
編集者は冷静に見ている
と思いました。

いろんなキーワードも
飛び出してきました。

読む人が読めば、
これはいいことを聞いた!

という内容に
仕上がると思います。

お楽しみに!

芝蘭とその卒業生たちの
仲間に加わりたい方は、

まずは芝蘭と直接会える
機会をつかんでくださいね。

今日もすばらしい一日を!

コメントは受け付けていません。