「参加者のお悩み」から見えてくる状況とは?

2019年04月12日セミナービジネススキル

あっという間の1週間です。

早く暖かくなってほしい!
と願う寒がりの芝蘭です。

さて、5月のセミナーに
お越しくださる方ですが、

こんな感じのお悩みを
抱えているようです。

~~~~~~~~~~~~~

「自分の世界観や何者であるかを
上手く言葉にすることができない」

「他の同業者とどこが違うのか、
明確に言語化できない」

「仕事につなげるための
ブランディングができない」

「話が長くて
まわりくどいと言われる」

「自分のこともサービスも
的確に表現できない」

「収入への結び付け方が課題」
~~~~~~~~~~~~~



です。

これは大変ですね。

悩みは早いうちに
解決したいものです。

なぜか?

ここが解決しないと、
サービスもつくれないし、
適正な価格もつけられない!

からです。

適正な価格をつける、
ってとても大事です。

芝蘭のところにきて、
自分の価値がわかると、

ハイプライスで勝負!
できるようになります。

自信がないと、
どうしてもハイプライスで
勝負できないですよね。

そして卒業生を見ていて
思うことなのですが、

法人企業との契約でも、
「こちら側の言い値」で
仕事ができるようになります。

むしろ、

———————————–
早く先生に
来ていただきたいので、
見積書出してください。
 ↓
(出しました)
 ↓
OKです
 ↓
すぐに社員に研修を!
———————————–

という流れです。

卒業生が仕事がやりやすく
なっていると言っていました。

いいですね!

あなたは
法人研修なども視野にいれて
活動していますか?

法人研修を考えているなら、
尚更、ブランディングは重要!

です。

———————————–
隣にいる講師や他社と
いったい何が違うのか?
———————————–

一発で言えないと
アウトです。

これからは、

似たようなことをしている
同業他社がますます
増えると思います。

大丈夫ですか?

今日もすばらしい一日を!

コメントは受け付けていません。