基本の「き」をおろそかにして次の扉は開かない。

2019年03月08日発信力・メッセージ力セミナー

いまハイブランド戦略
エリートメンバーコースの
受講生をサポートしています。

これは、

・出版
・メディア

の両方を視野にいれて
それこそまさに、

ハイブランド!
を築くための道筋です。

芝蘭はいつも
お伝えしていますが、

すべの基本の「き」は、
自分が何者なのか?

が言えること
だと考えています。

はっきり言いますが、
これが言えないのに
次の扉は絶対に開かない!

ですよ。

メディア関係者、
編集者って、
本当に忙しいのです。

あなたの迷走に
なんて付き合っている
暇はない!

付き合う義理もない!

わけです。

これが明確に
できていないのに、

「出版したい」とか
「メディアに出たい」とか、
無理なんですよ。

そうでしょう?

あなたは、
自分がどうなれるか?

にしか興味ないですよね。

みんなそうなんです。

自分がかわいい。
だから、
自分しか見えなくなる。

ひと言で言います。

自分で解決しようと
している限り、

———————————–
自分の強みは、
盲点であり続ける
———————————–

ということ。

わかっている人が、
どれくらいいるでしょうかね。

プロフィールなんて
たいしたことないと思ってた!

とか言う人、
いまだにいたりします。

びっくりしますね。

芝蘭にマンツーで
指導を受けたい!

と考えている人は、

———————————–
自分が何者なのか、
本当に明確にしたい!
———————————–

と思っている人でないと
無理です。

これができていないと、
すべてが遠回りになります。

3月のセミナーに
参加される方はラッキーです。

本当にこのあたりを
徹底的に伝えます。

チャンスの扉の前で、
手をかけている人には、

次のステージが見えるように
お伝えしていきます。

今日もすばらしい一日を!

コメントは受け付けていません。