わずか8文字で心をわしづかみにされてしまいました。

2020年05月20日発信力・メッセージ力

わずか8文字に
やられてしまい、

少し傷んだバナナの方を
買いました。

言葉って、
やはりすごい!

を自分で体験した
出来事です。

バナナを食べようと
はじめに手にとっていた
バナナがありました。

ですが、

店内を歩いていると
違うコーナーにまた
バナナを見つけたのです。

そこにあった
コピーにくぎ付けに
なってしまいました!

なんと書いてあったのか?

そこには、

———————————–
エクアドルで
日本人が作った
田辺農園バナナ
———————————–

と書いてありました。

その瞬間に
心をわしづかみに
されてしまいました。

エクアドル+日本人
という8文字。

はい、
遠いエクアドルで、

がんばっている
日本人が作ったバナナ。

そりゃこっちを
買わなきゃいけない!!

と瞬間的に思いました。

言葉ってすごい。

人の行動を秒単位で
変えることができる。

あなたもそんな経験
ありませんか?

イメージできない言葉
では人は動けないのですよね。

改めて自分の消費行動を
振り返ると、

最初に手に持っていたのは、
コモディティとしての
バナナ。

次に目にした
バナナには、
あるものがあったのです。

そう、
ストーリー!

ですね。

よく目にすると、
化学肥料不使用とあり
もう決まり!

ですよね。

帰ってきてから
パッケージを見ましたが、

・品質
・農法
・土地
・気候

の4つのこだわりで作った
自信作とのこと。

これに学べることは
たくさんありますね。

人間である私たちも
コモディティ化(汎用品)
しないように、

———————————–
自分の価値は
自分で伝えていかなと
———————————–

なのです。

芝蘭がバナナを
選び変えて買ったように。

相手の心を動かすような
言葉で価値を伝えていますか?

今日もすばらしい一日を!

コメントは受け付けていません。