応援される人でいるか、否かの違いとは?

2019年04月16日発信力・メッセージ力

あなたは
応援される人でしょうか?

これって、当たり前ですが
とても大事ですね。

どんな世界でも
応援される人なのかどうか
が運命を決める!

といっても
過言ではないと思います。

芝蘭も人間ですから、
感情があります。

モノを作って売る
ビジネスではない。

はたまた右から左に
土地を転がすような
ビジネスでもない。

なにを作っているかと
いうとですね、

———————————–
次のステージに通用する
人間をつくっている!
———————————–

ということ。

次のステージとは、
出版だったり
メディアだったり

ですね。

「公人」に
なっていくわけですから、
いつまでもニッチなルールのまま

生きてもらっていては
困るわけなのです。

そのあたりまで含めて
信用の作り方や応援のされ方、

そこまで理解できて
動かないと勘違いが
起きてしまいます。

芝蘭はこういう世界に
いるのでどうしても、

人を見る目はいつも、
「慎重」にならざるを得ない。

あなたは人を見るとき、
なにに一番の基準を
おいていますか?

これって、
間違いなく価値観が
でてしまいます。

自分の存在すべてで
エネルギーを発しているので、
ごまかせないのです。

芝蘭の場合は、

———————————–
いいものを持っているのに、
伝える言葉が見つからず、
もがいている人
———————————–

を応援したい。

これがまず
第一条件ですね。

その人のなかに
成し遂げなければならない
使命を見た時に、

芝蘭は心の底から
応援したいと思います。

自分だけが目立ちたい、
自分だけが儲けたい、
自分のことしか考えていない、

には違和感アラートが
鳴ってしまいます。

まとめます。

———————————–
その人の見つめる視線が、
いったいどこにあるのか?
———————————–

これがわかれば、
どんな人間なのかが
わかります。

言葉のエネルギーが
違いますから。

言葉は正直です。

今日もすばらしい一日を!

コメントは受け付けていません。