文章表現における「鉄は熱いうちに打て」の意味とは?

2017年09月28日発信力・メッセージ力

あなたは、
いいもの見つけたとき、
どんな行動をとりますか?

1.独り占めする
2.仲間に共有する
3.忘れる(もしくは何もしない)

どれに当てはまりますか?

仲間に共有する、
を選んだ人はおそらく、

———————————–
アウトプットを意識している
———————————–

と言えるでしょう。

自分のインスピレーションを、
読者や顧客に共有したい!

と思うのは大正解です。

ということで、
昨晩、芝蘭がぜひ伝えたい
と思ったことを共有します。

それはこの名言です。


熱を感じているうちに書くこと。

思いを文字にすることを
ためらう書き手は、

冷え切った鉄を手にして
いるようなものだ。

読み手の心に
火を点けることはできない。

by.ヘンリー・デビッド・ソロー(作家)


どうですか?

ぐっときませんか?
あなたは、
どう書こうかな、
どう伝えようかな、

と考えすぎて、
大事な「熱」を冷まして
いるのではないでしょうか。

芝蘭は毎朝、
このメールマガジンを
12分で書いています。

推敲は6分なので、
あわせて18分です。

その秘訣はすでに、

人を動かすメルマガライティング
1日わずか18分で人を動かすメルマガが書ける!
~短時間で成果を出すメルマガの秘訣~
 ↓ ↓ ↓
https://shirayu.com/lp/post_lp/dvdml/

で伝えたので詳細は省きます。

ポイントだけお伝えすると、

短時間で書き、
何年も続けられるのは、

———————————–
・素材集め

・テーマ設定
———————————–

これがしっかりしているからです。

どちらかが欠けたら、
おそらく行き詰ります。

本日はイチボン会ですが、
「素材集め」については
芝蘭のアイデアノートを共有します。

イチボン会に参加する方だけが、
見られるノートです。

楽しみにしていてくださいね!

あなたも
読み手の心に火を点ける
メッセージを届けてあげてください。

今日もすばらしい一日を!



※芝蘭への質問はこちらから
https://m.shirayu.com/p/r/p73pbV6G

※『死ぬまでに一度は読みたいビジネス名著280の言葉』
(芝蘭友著/かんき出版)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272147/withup-22/ref=nosim

コメントは受け付けていません。