猛烈アピールせずとも見込客に簡単に伝わる方法とは?

2015年04月22日発信力・メッセージ力イノベーションビジネススキル

こんにちは、
ストーリー戦略コンサルタントの芝蘭友です!

アピールするのが苦手。

というお客さんが
私のまわりにはとても多いです。

すごい実績を持っているのに、
「慎ましやかである」
という特徴があります。

そんなとき私はうれしくなります!

私の出番だ!

という感じですね。

いいモノやサービスを持っているのだから、
伝え方を工夫すればいいだけです。

いいモノやサービスを持っていないのは、
論外です。

———————————-
・本を読まない
・スキルを磨いていない
・お客さんのために働いていない
———————————-

は、私のお客さんではありません。

さて。

猛烈アピールをせずとも、
簡単に見込み客に価値をわかってもらえる方法が
あるとしたら、どうでしょうか?

いいですよね!?

まず必要なことは、3つ。

———————————-
1)事実を語る

2)こだわりの切り口で伝える

3)Before→Afterをストックしておく
———————————-

です。

「事実を語る」って簡単ですよね?

アピールというと、
なにかもう水増ししてかさ上げして
アピールすることと勘違いしてしまう人がいます。

事実を語る。

ただし、
こだわりの切り口で!

あなたは自分の
「こだわりの切り口」をすぐに言えますか?

アピールするときに大事なのは、

———————————-
伝え方の角度!
———————————-

なのです。

伝え方において、
妙なアクロバット飛行は不要です^^

3つ目の、
「Before→Afterをストックしておく」
も大事ですので補足します。

あなたの成果は
いったい何で測られるのでしょうか?

簡単に公式にすると、

———————————-
成果=
「お客さんのAfter状態」-「お客さんのBefore状態」
———————————-

です。

つまり、これもですね
「before」「after」がおさえられていれば
「事実を伝える」だけでOK!

ということです。

簡単ですよね?

猛烈アクロバット飛行的アピールは、
不要なのです!!

いまどきそんなことが
ウケる時代でもありませんし。

大事なのは、
「伝え方の角度」です。

あなたも自分の伝え方の角度を
もう一度チェックしてみてくださいね。

今日もすばらしい一日を!

コメントは受け付けていません。