厳しい戦いにおいていち早く着手しないといけないこととは?

2019年07月10日イノベーション

あなたは慎重派ですか?
それとも行動派ですか?

最近思うのですが、
時代は本当に早い。

半年前に
これはすごい!

と思って
決めたやり方も、
見直さないといけない!

となったりしています。

いま社内でもろもろ
大改造中です。

じっくり時間をかけて
計画しても当たり前ですが、
計画通りには進まない!

というのが現実。

芝蘭はもともと
計画をじっくり練る

というのは、
好きではないのです。

行きながら~
やりながら~
適宜変えていく~

が好きです。

とはいえ、
ひとまずの地図が
見えていないとイヤです。

面倒な性格ですね。

———————————–
行き先がなんとなく
わかっていればいい
———————————–

ですが、
その行程や距離は、

天候によって
体調によって
日々かわるわけです。

昨日の書評メールマガジンは
読んでいただけましたか?

オールドタイプが
いかに厳しい戦いを
強いられるか?

ということが
書かれていた本です。

毎週、芝蘭が厳選した本を
紹介しているのでぜひ
登録しておいてくださいね。
https://m.shirayu.com/p/r/BuHcrO3S

昨日も大勢の人が
登録してくださったようです。
ありがとうございます!

ということで、

計画に時間をかけ
実直に行動していくのは
ハイリスク!

不確実きわまりない時代に
どんな生き方を
したらいいのか?

はい、考えてください。

考えましたか?

それは、
ビジョンを持つこと。

ふつうすぎて
驚きましたか?

では聞きます。

あなたは自分のビジョンが
言葉になっているのか?

それは唯一無二なのか?

です。

芝蘭は言葉のエネルギーを
読む仕事ですから、

形だけすえられた
かわいそうな言葉を
たくさん見てきました。

なにがいちばん切なくなるか
というとですね、

本人自身が納得して
そのビジョンを語れていない。

これでは
誰にも伝わらないです。

ノウハウやデザインを
コピーされたとしても、

絶対にコピーされないものは
いったい何なのか?

それがわかった人は、
さっさと次の行動に
出ている気がします。

———————————–
意味を作れ!
———————————–

です。

わからない人は昨日
紹介した本を読んでください。

今日もすばらしい一日を!

コメントは受け付けていません。