ロジカルシンキングよりももっと大事なこととは?

2016年07月15日勉強会DVD教材ストーリー戦略イノベーション名言・格言

こんにちは、
ストーリー戦略コンサルタントの芝蘭友です!

あっという間に金曜日です!!

毎日が早い!

と思う今日この頃です。

さて、あなたが
文章を書くのに時間がかかるなら、
ぜひこれをしてほしいのです。

これとは何か?

———————————–
「それ」と「これ」とは何が違うのか?
———————————–

という思考パターンを持つ。

つまり、

———————————–
・あえて両極端の思考を持つ

・脳内でひとりディベートをする
———————————–

ということ。

これができていない人が多い!!

ロジカルシンキングもいいですが、
まずは自分の中で

AとBのどちらか?
に決着がついていないと
メッセージになりません!

ということです。

メッセージにならない限り、
人は振り向きません。

ずばり言います。

———————————–
AなのかBなのか。

選びきれていないうちは、
メッセージではない!
———————————–

ということです。

あなたも
もうお分かりの通り、

「メッセージを出すには、覚悟が求められる」

ということですね。

昨日のメルマガでもお伝えしましたが、
https://shirayu.com/story-strategy/cat-9/post-2916/


8つあるうちで、
芝蘭がライティングで
よく使うものをまとめると、

———————————–
(1)別次元

(2)差異 →これをよく使う

(3)時間差 →これをよく使う

(4)同種

(5)理念

(6)メッセージ →ほぼ毎日使う

(7)要件能力 →これもよく使う

(8)最低条件
———————————–

です。

切り口なんですよね!

自分の中から伝えたいことが
あふれてくるかどうかの切り口。

文章が完成しやすいように
「構文」を作っています。

ぜひあなたも
芝蘭式「メッセージ分解話法」シート
を手にしてほしいと思います。

今日もすばらしい一日を!

 

コメントは受け付けていません。