いまだに「ここ」を勘違いしている人がいるので注意してほしいこと。

2020年07月31日ビジネスプロフィールの作り方

昨日も総勢30名くらい
集まった場で

オンラインセミナーを
させていただきました。

団体の主催者の方と
仲良くさせていただいており、

塾生さんたちのために
芝蘭、しゃべりました!

という感じです。

みんなとても
熱心な方たちでして、

伝わるプロフィールを
しっかり考えたい!!

という熱気が
画面越しに伝わって
きましたね。

さて。

表題の件ですが、
たまに遭遇するのです。

いまだに勘違いを
している人がいるので
この際、ビシッと勘違いを
正しておきたいと。

どんな勘違いを
している人が多いのか?

それはですね、
プロフィールのことです。

もしかしたら、
あなたがプロフィールを
書けない原因もここにあるかも!

しれません。

よく聞いてくださいね。

はい、
どんな勘違いをしている人を
見かけるかというと、

「プロフィールって、
盛ることだと思っていました~」

という声です。

なんというのか、
盛ることに抵抗感があり、
書けなかった

みたいなね。

それは
まったくの間違い!!

です。

どこかで誰かが
そんな間違ったことを
プロフィールに関して
教えているのでしょうかね?

ありえないですね。

12年も前からこの道
一筋でやってきた
パイオニアとして
言わせてもらいます。

———————————–
プロフィールは、
盛ることではありません
———————————–

「盛る」って
ごちゃごちゃといろいろと
それこそ「盛る」ことですよね(笑)

芝蘭は、
新・メディア戦略実践会
https://shirayu.com/mst/lp03/

で行なっているのは、

———————————–
余計なものを
いかにそぎ落とすか?
———————————–

です。

盛るの世界の
対極にある世界です。

早く気づいてほしいのです。

自分がおこなってきた
「事実」を並べるだけで
すごいパワーが出るのだ!

ということに
気づいてほしいのです。

ですが、

いまだに
プロフィールって
盛ることだと思ってた

という人の声を
聞くとびっくりなわけです。

はっきり言います。

———————————–
自分に向き合い、
掘り下げもしないで、

目の前にある貧相な素材で
書こうとするから、

盛るという
貧相な意識が出てくる
———————————–

ということです。

自分をしっかりと
掘り下げてください。

宝物に突き当たります。

昨日の感想も紹介しようと
思っていたのですが、

時間がきました!!

本日はある場所に、

書評メルマガキャンペーンで
最優秀賞をとられた方を
ご招待しているのです。

その様子はまた
LINEでお伝えしようかな。
https://shirayu.com/lp/post_lp/linetop/

今日もすばらしい一日を!

コメントは受け付けていません。