再現性ってどこまで必要なのでしょうか?

2020年03月03日ビジネスプロフィールの作り方出版

誰が同じようにやっても、
同じ結果が出るように!

というのを
再現性といいますね。

これは出版を
考えている人は、

———————————–
避けて通れない
キーワード
———————————–

です。

編集者はそのあたり
冷静に見ている人たち。

「それって、あなただから
できるんですよね?」

と言われたら
アウトです。

みんなができるような
ものでないとですね、

本としての機能が
果たせないわけですから。

なかなか
難しい世界です。

あなたは
再現性をどう考えますか?

やはり正直なところ、
すごい人はすごいのですよ。

なので、
みんな同じように
できます!

といっても、

そこまでにその人が
培ってきた経験が最後には
モノをいう

と思います。

こういうことを
言うと編集者に嫌われますが、

心の中では
編集者もそりゃそうだ

と思っているはずです。

先日もいま出版に向けて
企画会議の最中にある
卒業生にこう言われました。


~~~~~~~~~~~~~~
<卒業生>

編集者の方に、
僕は企画は作れるけど
プロフィールは作れないんですよ、
と言われました。

すごい力です。
~~~~~~~~~~~~~~


はい。
そうなんです。

勝ち上がっていける
ビジネスプロフィールは
とても重要。

ある一定の
レベルまできたら、

———————————–
勝負がつくのは、
あなたは何者なのか?
———————————–

というところです。

最終のブラッシュアップには、
いつもお伝えしている通り、

言霊をこめます。

ここは、
芝蘭のアートの部分!

再現性という話から入り、
最後はアート。

言葉の神様と
仲良くしないとです。

そういった意味では、
もう何十年も書籍を買い、

著者の言葉、
先人の言葉、
編集者がつむぎだした言葉、

そこに向き合って
世界を共有してきました。

———————————–
言葉の力で、世界を変える!
———————————–

と芝蘭は本気で思っています。

言葉が変わるとき、
思考が変わっています。

そういうことでいうと、

世界って一瞬で
変わるのですよね。

ということで、
本日は書評メールマガジンの日。

リーダーたちに
読んでほしい一冊です。

芝蘭友のトップストーリーニュース
https://m.shirayu.com/p/r/BuHcrO3S
※読んでよかったビジネス書を解説

購読されている方は
楽しみにお待ちくださいね。

これは本づくりとしても
とても参考になります。

やはり売れている本は、
目次がうまいですよね。

今日もすばらしい一日を!


追伸)

4月のZoomセミナーの
日程が発表されました。

・本気で人生を変えたい人
・どんな環境でも生きていきたい人
・地方にいても活躍したい人

の参加をお待ちしています。

新・メディア戦略 特別セミナー
https://shirayu.com/mst/lp03/

コメントは受け付けていません。