プロフィール作りで勘違いしている人の頭の中とは?

2019年09月03日ビジネスプロフィールの作り方

もったいないという
プロフィールを多数見てきました。

プロフィールのコンサルだけで
1000回以上は実施しています。

一瞬で何が足りないか?

がわかるように
なってしまいました。

あなたが勘違いしていては
いけないのでお伝えしますが、

プロフィールは
あることないことを
盛る、という話ではありません。

やるべきことは、

———————————–
正しく自分の実績を
表現する
———————————–

というだけの話です。

芝蘭はもうすっかり
目が肥えていますので、

横取りした都合のいい
成果を盛るプロフィールや、

ここはアピールしたい
という鼻につくプロフィール
の書き方もすぐわかる。

読みなれた人からみたら、
バランスが悪いのが
すぐにわかります。

文脈が読めない人は、
騙されてしまうことも
あるだろうと思います。

全部、自分の実績!
と偉そうに書いている人は
芝蘭のところには来ません。

どうしてか?

芝蘭はそういう人が
嫌いだからです。

ではどんな人が
来られるかというと、

すごい実績があるのに、
謙虚すぎる人です!

———————————–
・大学で講師を務める
・企業で研修をしている
———————————–

とか書いてあるものを
よく見かけますが、

どこで?
いつまでやってたの?
いまもしているの?

いろいろと質問が
あふれ出てきます。

具体的な固有名詞が
書ける人は書いた方がいいです。

具体的な固有名詞が
書けない人や、

ぼんやりした抽象的な言葉に
逃げている人は、
中途半端なのです。

もしくはなにか
言えない理由があるのか?

です。

———————————–
どこの、誰に、
通用するプロフィールを
用意したいのか?
———————————–

です。

真のプロフィールは、
不協和音がありません。

誰に何ができるのか、
漏らさず書いてあります。

盛ることではありません。

勘違いしないように
してくださいね。

中途半端なプロフィールには、
必ず大きな穴があります。

今日もすばらしい一日を!

コメントは受け付けていません。