唯一無二を極める4つのポイントとは?

2018年12月11日ビジネスプロフィール添削講座発信力・メッセージ力

本日はすでに
書評メールマガジンを
配信しました。

ご覧いただけましたか?

唯一無二を構築するには、
どうしたらいいのか?

という視点です。

その本に書いてあったこと、
あなたにも紹介しますね。


~~~~~~~~~~~~~
企業が唯一性を構築するには

1、真似できないこと
2、気づかないこと
3、真似したくないこと
4、できっこないこと

を発見し実行することである。

参照:『潜在価値マーケティング』(平野淳著/幻冬舎)
<Amazonで購入する>
https://amzn.to/2G77pMs
~~~~~~~~~~~~~



とのこと。

あなたは
どれくらいできていますか?

いくつかピックアップ
してみますと、

「真似できないこと」
 ↓
自社の蓄積資産を
活かしているか?

ですね。

そもそも自社に蓄積される
資産がたまっているか?

というのも大事です。

もっと言えば、
自分でなにが資産かに
気づいているかどうか。

「気づかないこと」
 ↓
顧客の潜在的な問題を
発見しているか?

です。

自分のことばかりに
意識が向いているようでは
見えてこないでしょう。

「真似したくないこと」
 ↓
面倒なこと、非効率なこと。

ここは芝蘭はかなり
自分の仕事では力を入れています。

ビジネスプロフィール添削講座で、
ひとりずつに作成する質問が
あります。

とっても非効率!
あり得ないくらい!

そして回答も当然、
全然違うので対応も
ひとつずつ違ってきます。

とっても非効率。

ここを妥協しなかったから、
業界のリーダーたちに
指示されていると思っています。

「できっこないこと」
 ↓
常識を超えたこと

という感じですね。

あなたは、
どこまで挑んでいますか?

唯一無二性が浮かびあがって
いるでしょうか?

そして、
ここからが大事!

———————————–
それが言葉になっているか?
———————————–

です。

これからは
表現戦略が大事。

唯一無二を極めるための
道のりは険しい。

4つのうち、
どれかが手薄になっていないか?

ぜひ振り返ってみてください。

今日もすばらしい一日を!

コメントは受け付けていません。