『BOLD 突き抜ける力』(ピーター・H・ディアマンディス著, スティーブン・コトラー著/ 日経BP社)vol.403

2017年05月16日

こんにちは、
本日の一冊は、
『BOLD 突き抜ける力』(ピーター・H・ディアマンディス著, スティーブン・コトラー著/ 日経BP社)です。

『BOLD 突き抜ける力』(ピーター・H・ディアマンディス著, スティーブン・コトラー著/ 日経BP社)

エクスポネンシャル、です。


指数関数的、
これをエクスポネンシャルという。


一見、まとまりのない本かと
思いましたがなかなか
読み応えがありました。


つまり、
リニア(線形関数的)な成長ではなく、
倍々に増えていく
ということですね。


おそらく
突き抜けるテクノロジー
などはすでに他の本で読んでいる
だろうと思います。


そういった意味では、
第1章はおさらい程度に読む。


その後は、指数関数的に
成長したい人向けに、
マインドセット、フロー、
コミュニティ作りなどが
参考になるはずです。


著者は15を超える
宇宙・ハイテク関連の会社を
創業した起業家です。


イーロン・マスク、ジェフ・ベゾス、
ラリー・ペイジなどとの
インタビュー記録も
さらりと掲載されていて面白かったです。

 

 

————————————
『BOLD 突き抜ける力』(ピーター・H・ディアマンディス著, スティーブン・コトラー著/ 日経BP社)
<Amazonで購入>
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822251055/withup-22/ref=nosim
<kindle版で購入>
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B016W4PU8O/withup-22/ref=nosim

今のあなたのポケットに入っている
スマートフォンが1970年代の
スーパーコンピューターより1000倍速く、
100万分の1の値段で手に入る理由である。
これがエクスポネンシャルな成長の実像だ。

デジタル化の次に起こるのが潜行である。
これはエクスポネンシャルな成長が
ほとんど誰も気づかないところで
進んでいく段階である。

(略)コダックが破産を申請した
わずか3カ月後にインスタグラムは
13人の従業員とともにフェイスブックに
10億ドルで買収された。

専門家はエクスポネンシャル曲線を
道路地図のようにとらえ、さまざまな
サインに目を凝らす。
たとえば成功事例の登場、
サプライヤーの増加、
二次的ファイナンスである。

大方の研究者は、探求の価値がある重要な
カテゴリーとして「情報」と
「オートメーション(自動制御)」
の二つを挙げる。

だがラサムとロックは何十もの
研究を見た結果、目標を設定する
ことによってパフォーマンスと
生産性は11~25%向上することを発見した。

「データなければ死を」というのが
グーグルXのやり方だ。
すべてのプロジェクトは
測定可能、検証可能でなければならない。

失敗する度量のない者には、
リスクをとる能力もない。
フェイスブックのメインロビーには、
こんな標語が掲げられている。
「さっさと行動し、いろいろぶち壊せ」。

研究では直接的フィードバックが
少ない職業(株価分析、精神医学、医療など)では、
どれほど優秀な人々でも次第に劣化していく。
一方、医者の中でも外科医は唯一、
医学部を卒業して時間がたつほど
能力が高まっていく。
理由は失敗すれば誰かが死ぬからだ。
これが即時フィードバックである。

創造性の本質を調べてみると、
パターン認識(新しいアイデアを結びつける脳の働き)
とリスクテイク(結びつけた新しい
アイデアを実現させる勇気)の
要素が含まれていることがわかる。

コミュニティに参加する人には
主に四つの動機があることを
頭に入れておくといい。
帰属意識、支援者のネットワーク、
社会への影響力、好奇心を満たしたり
新たなアイデアを探求したりする
手段を手に入れたいという欲求である。

自らを破壊しなければ、誰かに破壊される。


参照:
『BOLD 突き抜ける力』(ピーター・H・ディアマンディス著, スティーブン・コトラー著/ 日経BP社)
<Amazonで購入>
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822251055/withup-22/ref=nosim
<kindle版>
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B016W4PU8O/withup-22/ref=nosim
————————————





というわけで、




▼「共感・意外性・感動」の法則を解き明かす!
———————————–

指数関数的に成長しよう。

———————————–

盛りだくさんの内容が
詰まった本でした。


自らも指数関数的に
成長していきたい、


と切に思った次第です。

コメントは受け付けていません。