お客さんが見ているものは「何」ではなく「なぜ」である。

2018年05月18日勉強会

昨日のイチボン会も
大いに盛り上がりました。

あなたにも
シェアさせていただきます。

<参加者>

いつも話の内容が、
ストンと腑に落ちます。

ありがとうございます。

目にも美しく、
美味しい食事の後で
油断をしてはいけません。

言葉のワークは、
自分を知るハードな時間!

自分の言葉で「話す」「書く」
ことがいかに普段できていないか
を知りました。

(千邑淳子さん/マイクロライブラリープロデューサー)


<参加者>

スピード感にビックリしました!!

とても楽しい時間でした。

まだ自分の方向性が
定まっていないので、

もう少しエッジの効いた
コンセプトを持たねばと
痛感しました。

充実した講座を
ありがとうございました!

(麻桜和香さん/コンサルタント)


<参加者>

交流会、食事会ではなく
意識の高い人の
目的のある集まりでした。

メンバーの職業興味を
ふまえた上で専門家としての
「へぇ~」をひき出すこと。

単なる自己満足で
話を準備することは
マーケティングができていない証拠。

ノートを活用して、
説明ではない、自分だけの言葉

自分にしか話せない言葉を
日々見つけ出して
いきたいと思いました。

素敵な仲間との出会いに感謝いたします。

(F・Yさん/司法書士)



ありがとうございます。

芝蘭もいつになく、
言葉に熱が入りました!

個室が熱気で
ムンムンとしていました(笑)

芝蘭のもとにくる人たちは、
業界のリーダーである人が多い。

だから、
リーダーにはしっかりと
してもらわないと!!

と力が入るのです。

リーダーは、
他に影響を与える人です。

他に影響を与える人は、
責任を持たないといけません。

ここから昨日の続きです。

持ち物や身につけているもので、
相手の背景を探る時代は、終わった。

モノに興味がない時代なのだから、
当然といえば当然です。

では、お客さんは
いったい何を見ているのか?

それは、
相手の「WHY」です。

「なぜそれをするのか?」

です。

つまりビジョンです。

これが語れないと、
判断できないわけです。

芝蘭はビジネスプロフィール
添削講座の卒業生が、

自分のビジョンを
語るのを見るときに、

なんとも言えない
誇らしい気分になります。

なぜか?

・自分が進むべき道
・自分が存在する理由

これが語れる人は、
力強く輝くからです。

これがないと、

軸が通っていないので、
迷走している人なんだな、

とバレてしまいます。

あなたは、
なぜそれをするのか語れますか?

語れないうちは、
ブレイクできません。

———————————–
いまの時代は、
「なぜ」が語れないと輝かない。
———————————–

輝かないところに、
人は集まらない。

ぜひ自分のポジションを
見直すとともに、

———————————–
「なに」を持っているではなく、
「なぜ」で判断されている
———————————–

ということを忘れず、

自分の中の
「WHY」を掘り下げてください。

理念は、

自分自身と約束する、
祝詞(のりと)のようなもの。

言葉の力を侮ってはいけません。

言葉の力を最大化するためには、
まず自分の思考を整えろ!

です。

今日もすばらしい一日を!


追伸1)

テレビ出演。

ビジネスプロフィール添削講座
卒業生の露木由美さんが
本日、テレビ出演します!

爆報!THE フライデー(TBS)
夜7時~(司会 爆笑問題)
http://www.tbs.co.jp/bakuhou/

赤ちゃんの体幹を整える
プロフェッショナルとして
出演されます。

露木さんは、当時
「なんとなくピンときたから!」
という理由で、

添削講座にやってきた方です。

メディアに取りあげられ、
ゴールデン番組に出演する日が
くるなんてすごいです。

見込客に「自分の価値」を「正しく」伝える方法とは?
ビジネスプロフィール添削講座の申込ページ(18期生)
⇒ http://www.shirayu.com/business-profile/lp2/
※お振込み後のお席確保です

早期優待価格は5月28日(月曜)
までとなっています。

あなたも
揺るぎないポジションをつかみ、
突き抜けていきませんか?


※芝蘭への質問はこちらから
http://shirayu.com/r/stepmail/kd.php?no=HSAjdxo

※『死ぬまでに一度は読みたいビジネス名著280の言葉』
(芝蘭友著/かんき出版)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272147/withup-22/ref=nosim

コメントは受け付けていません。