芝蘭式「メッセージ分解話法」で書いたりしています。

2018年02月28日勉強会

朝から過去に作成した
教材を振り返っていました。

芝蘭式「メッセージ分解話法」です。

すでに、

人を動かすメルマガライティング
1日わずか18分で人を動かすメルマガが書ける!
http://shirayu.com/lp/post_lp/dvdml/

をご覧になった方は
ご存知のあれ、ですね。

この教材はおそらく
人気ナンバーワンだと思います。

芝蘭は毎日のこのメルマガを、

・12分で書き
・6分で推敲

して続けています。

芝蘭さんだから
それができるんですよね?

と思っているかもしれませんが、
そうではないと思います。

書けない人は、

———————————–
メッセージとして成立する
切り口がわかっていないだけ
———————————–

なのだと思います。

切り口をあらゆる日々の研究で
見出してきています。

それが芝蘭式
「メッセージ分解話法」です。

過去にコンサルした人が、
こんなことを言っていました。


お金をかけて学ばないとと
思っていたのに、
この教材だけでできたので
ずいぶん安くついて助かった


と。

あなたは、
メッセージを発信できていますか?

メッセージは、
情報とは違います。

メッセージは、パクれない。

なぜか?

その人の魂のエネルギーを
文字に転写したものだから。

逆に言えば、

———————————–
そのメッセージに色がついているか?
———————————–

です。

色がついていないものは、
メッセージではない。

「自分を知る」ことなしに、
メッセージは発信できない。

と思っています。

いまの言葉は
芝蘭式分解話法の中の

———————————–
「最低条件という項目」
———————————–

を使って表現しています。

構文は8項目ありますが、
1つの項目で10個くらい
考えてみてください。

すると80個のネタができます。

週2回の配信をしているなら、
これで10か月分の
ストックができますね!

基本にのっとってやれば、
それはメッセージになる。

日程だけ先に決めました。

4月29日(日曜)です。

メルマガライティングの進化形
をお伝えしようと思います。

曜日を見てわかるように、
半日しっかり使います。

みっちりです。

過去に教材を購入してくださった方や、
「復習のために参加したい」
という方にも

なんらかの優遇をしよう
と思っています。

とにかく書けないとダメです。

それも、
相手に刺さる
メッセージとして!

です。

———————————–
表現力で差がつく時代
———————————–

です。

絶対に身につけておかなければ
ならないスキルです。

また詳細が決まったら
お伝えします。

いずれにせよ、
脳を酷使してもらいます。

今日もすばらしい一日を!


※芝蘭への質問はこちらから
http://shirayu.com/r/stepmail/kd.php?no=HSAjdxo

※『死ぬまでに一度は読みたいビジネス名著280の言葉』
(芝蘭友著/かんき出版)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272147/withup-22/ref=nosim

コメントは受け付けていません。