9月のイチボン会も無事に濃い時間を過ごせました。

2017年09月29日勉強会

昨日のイチボン会も
大盛り上がりでした。

ご縁のある5名が
同じ時空間を過ごす。

なんだか不思議なのですが、
懐かしい友たちに
会った感覚でした!

あなたにも
参加者の方のご感想を
シェアさせていただきますね。

スピード感が心地良かったです。
久しぶりに味わいました。

メルマガ等でいつも
拝読していた事を理解できたので、
ようやく実践に移せます。

自分の中のモヤが少し晴れてきた!!

何でも良いので講座にもっと出たい!

芝蘭先生をもっと味わいたいです。
もっとお話を聞きたい。

(曽田明子さん/karada*調律師)

 

2時間の中で感覚が
鋭くなっていくのがわかりました。

映画でいうと、たくさんの人が
雑多にいるシーンから主人公だけに
ズームアップしていくような感じです。

もっと比喩力を高めて、
芝蘭先生のように核心をつく
表現を身につける所存です!

(植田裕子さん/プロフィール作り)

 

「テーマを見い出す」ということが
イマイチわからなかったのですが、
参加してみてわかった気がします。

「客」を見失いつつある今、
原点に立ち返り、
自分の「テーマ」が何なのか、
しっかり考えることから
始めようと思いました。

(K・Eさん)

 

言葉の足りなさ、
認識の甘さを痛感しました。

また参加させて頂きたいと思います。
ありがとうございました。

(S・Kさん/自営業)

 


ご参加いただいたみなさん、
ありがとうございます。

食事を堪能したはずなのに、
なぜ勉強会のあとに
お腹がすくのか?

わかっていただけたと思います。

「芝蘭先生の本を持ってきたので、
サインをお願いします!」

「一緒に写真を撮りたいです」

「握手してもらっていいですか?」

「こんな濃い内容、参加費2万円
くらいでもいいんじゃないですか!?」

など、いろんな声をいただきました。

ありがとうございます。

イチボン会では時間が
かなり限られています。

だから、
参加された方は
わかると思いますが、

開始早々、
芝蘭はトップギアでいきます!

のんべんだらりと
話している時間はない。

いきなり本質です。

それが理解できる人が
参加していると思っているので、
容赦なく進めました。

ワークの合間合間に入れる
芝蘭のタイマーが
注目を浴びましたよ。

こうやって日々、
お届けしているこのメルマガを
12分で書くための相棒です。

「タニタのキッチンタイマー」です。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000C98FB/withup-22/ref=nosim

芝蘭のは年季が入っており、
みなさん驚かれていました!

相棒が注目を浴びて
うれしかったです。

今年最後のイチボン会は、
10月25日にありますね。

10月に参加されるみなさんとの
出会いも楽しみにしています。

今日もすばらしい一日を!


※芝蘭への質問はこちらから
http://shirayu.com/r/stepmail/kd.php?no=HSAjdxo

※『死ぬまでに一度は読みたいビジネス名著280の言葉』
(芝蘭友著/かんき出版)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272147/withup-22/ref=nosim

コメントは受け付けていません。