パクリが恐い!?パクれないものを徹底的に積み上げる。

2018年05月02日ストーリー戦略

あなたは、
良いコンテンツを持っていますか?

良いコンテンツを持っている人は、
パクリにあうことがあります。

芝蘭も最初はそのあたりに
かなり過敏になっていました。

ですが、

いまはもうあまり
気にしなくなりました。

なぜか?

———————————–
世界観やストーリーは、パクれないから
———————————–

です。

他人のストーリーに、
自分のコンテンツをのせても
決して輝かない!

ということです。

自分だけのストーリーを
見つけ出して動き出すこと。

これがすべてです。

だから、自分が何者か?

ということを

早くに見つけ出し、
それを言葉にして伝え続ける。

あなたは、
自分のストーリーや世界観を
全開にして生きていますか?

目の肥えた人は、
カタチだけを真似ているものを
見たとしても、

ちゃんとそのルーツを
見抜いています。

目利きでいることは、
とても大事なのです。

カタチだけを真似ているうちは、
二流です。

超一流はその中にある
「本質」を救い上げて
自分のストーリーに溶かし込みます。

これができるかどうか?

まずは、
自分の世界観をしっかりと
言葉にすることです。

自分のストーリーを見出し、
伝え続けることです。

世界観とはなにか?

それは、

———————————–
人生の背景です
———————————–

背景をコピーするのは、
難しいわけです。

見えませんからね。

ですが、

その背景にこそ作り手の
想いが宿っている。

そこを尖らせること!!

大事なことなので
もう一度言います。

背景の想いを尖らせること!!

質の高いお客さんは、
ちゃんと見抜きます。

本の世界もですね、
ある本が売れたら、

似たようなコンセプトで、
2匹目、3匹目のドジョウが
よく泳いでいます(笑)

別にそれでもいいのです。

大事なことは、

その他大勢と
一緒にされないために、

自分のストーリーを尖らせて、

———————————–
共感してくれる
人とともに成長すること。
———————————–

これしかありません。

自分の世界観だけは、
絶対に邪魔させてはいけない。

自分を出すことを怖がる人が
いますが、そろそろ卒業しましょう。

そこにこそ、

誰にもマネされない、
あなただけの世界が
広がっているのです。

本当に築き上げるべきは、
見えない余白であり背景です。

想いは時代を超えて、
受け継がれていきます。

今日もすばらしい一日を!

※芝蘭への質問はこちらから
http://shirayu.com/r/stepmail/kd.php?no=HSAjdxo

※『死ぬまでに一度は読みたいビジネス名著280の言葉』
(芝蘭友著/かんき出版)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272147/withup-22/ref=nosim

コメントは受け付けていません。