違和感を持ったときに必ずしてほしいこととは?

2017年12月25日ビジネススキル

今年も残すところ
あと6日となりました。

信じられませんね。

あなたは、
今年どんな新しい
体験をしましたか?

大人になればなるほど、
できることが増えて、
刺激がなくなります。

ルーティンに組み込まれて
いたら、なおさらです。

芝蘭が改めて思ったのは、
一年に一度はやはり、

海外に行く必要があるな!

と思ったことです。

理由は、

———————————–
・新たな出会いがある

・パラダイムシフトが起きる

・活力がわきあがる
———————————–

からです。

ビジネスをする人間は、
これらがとても重要!

こういうときに、
いろんな言語を操れる人を
本当にうらやましく思います。

ちなみに

芝蘭は、標準語と関西弁の
バイリンガルです。

2年以上前になりますが、

ある女性経営者が
こんなことを言ったのです。

「英語、スペイン語、その他、
相手とケンカするために
語学を学んだ」と。

とても不快感をもった
記憶があります。

こういう人とは、
絶対に友達になれないなと
思いました。

———————————–
言葉には、橋をかけろ
———————————–

と思っている芝蘭ですから、
なおさらです。

芝蘭は過去に、
ドバイの空港でお釣りを
誤魔化されそうになった!

ことがあります。

そのときに、
下手な英語では
太刀打ちできないので
どうしたか?

日本語で!関西弁で!
お釣りが違うと話しましたよ。

で、どうなったか?

すーっと残りのお金が
返ってきました。

面白い!

ここでも学びました。

———————————–
自分の言語に勝るものはなし!
———————————–

です。

以後、使い分けています。

仲良くなるときは、
相手の言語にあわせて
下手くそでもチャレンジする。

本当に怒ったときは、
日本語で話す。

です。

語学のできる人には、
何を言っているのか?

と思われるかもしれません。

これが芝蘭が海外に行くとき、
身に着けた処世術です。

長くなりましたが、
あなたも
相手のなにかに違和感を感じたら、

———————————–
自分だったら、どうするか?
———————————–

をつねに考えてほしいのです。

そこで出てくる答えが、
あなたの価値観です。

価値観は、あまりにも
当たり前すぎて
言葉になりにくい。

あえてそこを
言葉にしていってください。

今日もすばらしい一日を!

追伸)

クリスマスプレゼント企画は、
本日12月25日で最終日です!

芝蘭友の教材サイト一覧
https://shirayu.official.ec/

こちらのサイトから、
教材DVDを2枚以上ご購入の方に、

●非売品
ビジネスプロフィールの書き方
~ビジネスプロフィール添削講座編~
小冊子(60ページ)

をプレゼントしています。

ぜひお見逃しなく。

教材の位置づけがわからない方は
この参考表をご確認くださいね。
>> http://shirayu.com/materials/matrix.pdf

ご注文は下記からお願いします。
https://shirayu.official.ec/


※芝蘭への質問はこちらから
http://shirayu.com/r/stepmail/kd.php?no=HSAjdxo

※『死ぬまでに一度は読みたいビジネス名著280の言葉』
(芝蘭友著/かんき出版)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272147/withup-22/ref=nosim

コメントは受け付けていません。