言葉のセンスと教養がすべて丸見えになる表現とは?

2018年04月05日質問力

あなたは、
知的な会話を楽しんでいますか?

言葉が好きな人は、
この時間ってきっと
至福の時!

だと思うのです。

先日、芝蘭はある人と
食事に行っていたのですが、

———————————–
抽象度の高い比喩の
オンパレード
———————————–

で、脳が活性化しました。

飲んでいる場でしたが、
例のアイデアノートを取り出し、

6ページもメモしましたね!

イチボン会に参加した方は、
ご存知のあのアイデアノート。

よく質問を受けるのが、

「なぜこのサイズなんですか?」

というもの。

理由はまさにこういうときの
ためのものです。

飲んでいる場で、
相手にストレスをかけず、
警戒されないサイズは、

あのサイズしかない!!

ということです。

ということで、
酔いも覚めてメモすること
6ページでした(笑)

どんな話だったかというと、

会議で決定した実行内容を
また拡散し始める人がいて困る!

ということでした。

芝蘭はここで、
すでに頭は比喩モードに入り、
浮かんできた情景は、

エベレスト登頂でした。

そして、
こう聞き返しました。

———————————–
エベレスト登頂には、
2つのルートがありますよね。

・チベット側
・ネパール側

みんなで、
「ネパール側」から
登ろうときめて歩き出しているのに、

「チベット側」からのルートの
話をし始める人がいる感じですか?
———————————–

と聞きました。

おっしゃる通り!
と言われました。

相手の仕事の詳細は
わからなくても、

比喩は最強だな!

と思いました。

いまさらそんな話をするな!
もう登り始めているんだから、

ということですね。

登山家と話を
していたわけではないですので、
もちろんこれは比喩です。

あなたは、
比喩を使いこなせていますか?

本質をつかみ、
それを的確に表現するセンス。

まさに比喩の醍醐味。

今後、芝蘭が
考えていることについても
相談したのですが、

・作曲家
・指揮者
・オーケストラ
・女将
・料理人

など、

いろんなキーワードが
飛び出しました。

ちなみにですが、
さきほどのエベレストの喩えですが、

芝蘭の頭にひらめいた
輪郭をとらえたキーワードは、

———————————–
・後戻りできない

・それを的確に表現する象徴は何か?
———————————–

でした。

この2つを考えた時、
「エベレスト登頂」という
イメージが浮かんできたのです。

脳内検索。

つながるシナプス
という感じでしょうか?

あなたもぜひ
比喩力を磨いてくださいね。

これは言葉のセンスが、
すべて試されます。

今日もすばらしい一日を!


※芝蘭への質問はこちらから
http://shirayu.com/r/stepmail/kd.php?no=HSAjdxo

※『死ぬまでに一度は読みたいビジネス名著280の言葉』
(芝蘭友著/かんき出版)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272147/withup-22/ref=nosim

コメントは受け付けていません。