究極の「消費者マインド」を知る方法。

2014年11月14日イノベーション名言・格言顧客目線と顧客マインドを知る

こんにちは、
ストーリー戦略コンサルタントの芝蘭友です!

いかがお過ごしですか?

今朝は少し冷え込みましたね。
でも空は晴れています。

さて昨日お知らせした
「芝蘭友との勉強会」ですが、
募集開始からわずか30分で満席となりました!

▼芝蘭友の読書法!大量インプットとアウトプットをビジネスに活かす
(現在は、キャンセル待ちとなっています)

ありがとうございます!

年内最後の勉強会です。

ご縁のある方にお会いできるのが
いまからとても楽しみです。

さて、昨日も書店に行ってきました。

お買い上げ金額は、

———————————-
16,617円
———————————-

でした。

あまり全開ではなかったですね。

というのも理由があります。

ビジネス書の新刊話題コーナーが
なんと、消えていた!!

どんなコーナーにとって
かわっていたかというと、

———————————-
・手帳・カレンダー

・家計簿シリーズ

・年賀状シリーズ
———————————-

です(汗

まあ、そうですね。
時期的なことを考えると当たり前!

それはなにかというと、

———————————-
来年に向けて、

心を新たにする時期
———————————-

ですよね。

私は以前からお伝えしていますが、
日本には四季があるから
感情が豊になっていくのでは?

と思っています。

体感覚が磨かれますよね。

ずっと夏服を着て
過ごせるわけではないですから。

そんななかでふと思いました。

あなたにどうしても
覚えておいてほしいことがあります。

それは、

———————————-
あなたも消費者である
———————————-

ということ。

このメルマガを読んでくださっている方は、
経営者の方が多いと思います。

ついつい「売り手側の目線」になりがちです。

でも!

自分が消費者だったら、
いろいろと目につくはずなのです。

私のように、

「ああ!この時期はビジネス書も
カレンダーや家計簿に追いやられてしまう」

とか。

実はうまいキャッチコピーが書ける人や、
優れたマーケターは、

———————————-
究極の「消費者マインド」を持っている
———————————-

ということです。

あなたは最近、
どこかで「消費者マインド」をもって
真剣に買物をしましたか?

人の心が動く瞬間を観察しましょう。

そして、その消費者には
あなた自身も含まれている
ということを忘れないでください。

今日もすばらしい一日を!

コメントは受け付けていません。