(その2)マーケティングの本質とは何かをおさえているか?

2017年12月01日マーケティング

昨日の続きです。

マーケティングの本質とは、
売れる仕組みを作ること。

そして、

そのために必要なことは、
USJのマーケティング本部長を
務められた森岡氏によると、

この3つだと紹介しました。


(1)消費者の頭の中を制する

(2)店頭(買う場所)を制する

(3)商品の使用体験を制する

参照:『USJを劇的に変えた、
たった1つの考え方 成功を
引き寄せるマーケティング入門』(森岡 毅著)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041041414/withup-22/ref=nosim


あなたが
もし昨日のメルマガを
読んでいないなら、

こちらから復習しておいてくださいね。
http://shirayu.com/blog/dailyml/marketing/6325.html

ということで、
昨日伝えられなかった、

———————————–
消費者の頭の中を制する
———————————–

について。

これは別の言葉で、
簡単に言えますよね。

そう。

「ブランディング」
です。

あなたが
なにかを買おうと思ったとき、

頭の中に浮かぶ商品は?
頭の中に浮かぶサービスは?

頭の中に浮かばないと、
選んでもらえない!!

ということです。

自社の商品やサービスを
知ってもらうために
どんな活動をしているか?

そして、
ここからが重要ですが、

———————————–
それが、
潜在顧客の頭の中で
ちゃんと積みあがっているか?
———————————–

です。

当たり前ですが、
人間はすぐ忘れますからね。

ブランド資産。

これを築き上げたものが、
消費者の頭の中を制する!

ということです。

この要素の核は、

・ブランドコンセプト
・メッセージ作り

です。

積み上げるべき資産は何か?

それが見えていますか?

選ばなければならない
必然が見えているでしょうか?

あなたにぜひ
確認してもらいたいのは、
そういうところです。

土台がないところに、
家は建ちません。

今日もすばらしい一日を!


追伸)

またひとり無事に卒業です!

「あまりの見事さに美しさを感じました。
あっという間の3ヶ月。

こんな濃い時間は今まで
なかったと思います。

あらためて芝蘭さんには感謝です、
ありがとうございました」

見送るのは寂しい限りですが、
さらなる活躍を見守る
母親のような心境になります。

見込客に「自分の価値」を「正しく」伝える方法とは?

【結果的に商業出版できる道筋を作っておく】
ビジネスプロフィール添削講座の申込ページ(16期生)
⇒ http://www.shirayu.com/business-profile/lp2/
※満席確定になった時点でフォームはクローズします

※芝蘭への質問はこちらから
http://shirayu.com/r/stepmail/kd.php?no=HSAjdxo

※『死ぬまでに一度は読みたいビジネス名著280の言葉』
(芝蘭友著/かんき出版)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272147/withup-22/ref=nosim

コメントは受け付けていません。