余白をデザインして勝負ができているか?

2018年07月11日ビジネスプロフィール添削講座

朝から最大集中していました。

ビジネスプロフィール添削講座
18期生の質問作りです!

これは過去の卒業生が、
最も役に立った!

という課題です。

力いれて、
質問をひとりにつき
120個考えています。

掛けることの受講生分です。

毎回膨大な質問が
たまっていきますね。

さて。

あなたは、
言葉が光って見えますか?

芝蘭はこの仕事を長く
しているとですね、

キラ~ン!!

と文字が光って
見えてくるのです。

具体的に言えば、

———————————–
この言葉は、
この人のキーワードである
———————————–

というのがわかる。

だから、

それを中心にして
質問を掘り下げます。

はっきり言いますが、

ズレた言葉を使っている限り、
ブレイクしません!!

誰かの言葉をうまく
加工している言葉でも
ブレイクはしない!!

言葉に魂が入らないと、
伝播していかないわけです。

———————————–
自分の言葉で語っているか?
———————————–

をぜひあなたも
振り返ってみてください。

できていますか?

その人の中から出てきた
真実の言葉は輝いていますよ!

それが、

芝蘭には見える!!
芝蘭には聞こえる!!

というだけの話です。

言葉の叫びをしっかり
カタチにしていく作業。

これは毎回伝えていますが
真剣勝負です!!

木刀で戦っている
つもりはない。

練習試合ではないのです。

真剣とは、
「本物の刀」のことです。

生半可な気持ちでは、
ケガをします。

というくらいの気持ちで、
芝蘭は接しています。

これはいままでの、
コンサルで相手をしてきた

数々の経営者
ベストセラー作家

たちに感謝しないといけません。

人生はつねに本番であり、
真剣勝負だ!

という意識で仕事をする人と、
そうではない人との差。

これはどこに現れるか
わかりますか?

それは、

———————————–
雰囲気にまとわりつく、空気感
———————————–

です。

文章で言えば、
表現されていない
余白にこそ宿るものがある。

人間も同じ。

話していなくても、
そこに存在するだけで、

凄みをまとった
空気感がある。

こういう人が、
言葉に目覚めたら
本当に最強になります!!

そして、

リーダーという立場に
いる人たちの商品は、

———————————–
言葉である
———————————–

ということも
忘れてはいけません。

今日もすばらしい一日を!


※芝蘭への質問はこちらから
http://shirayu.com/r/stepmail/kd.php?no=HSAjdxo

※『死ぬまでに一度は読みたいビジネス名著280の言葉』
(芝蘭友著/かんき出版)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272147/withup-22/ref=nosim

コメントは受け付けていません。