ハードなカリキュラムをこなした先に見える世界とは?

2017年11月28日ビジネスプロフィール添削講座

あの時が自分の
ターニングポイントだった、
と言えるときはいつですか?

芝蘭が思うに、
それは「人との出会い」
ではないでしょうか?

いつもタイミングを逃し、
紹介しきれていなかった
1期前の卒業生の声。

あなたにも
シェアさせていただきますね。

<卒業生>

よくここまで書けたものだ。
よくあの課題をこなせたなぁ。
と感慨深いです。

3ヶ月前とは
見える景色が違います。

人生の方向性が
変わってしまいました。

同じ人間のプロフィールなのに、
これほど変わるものか、
これほど違う表現が
できるものかと思いました。

「人となり」「個性」が
表れていて、生い立ちや軌跡が
映像のように見えてくる。

現在と未来のイメージもできて、
読んでいるとモチベーションが
上がります。

戦略的、意図を持って
書かれている感じ。

自分がやってきたことを
最高の形で文章として
表現できました。

 

<卒業生>

新しいプロフィールには
躍動感があります。

自分の行っていることが、
素直に表現されていると思います。

生きている、という感じです。

そして縦横の平面だったものから、
奥行きが出て、もっと目に見えない
様々な可能性を感じます。

ワクワクします。

 

<卒業生>

3ヶ月を振り返ると
あっという間でありながらも、
濃縮された自己対峙の時間でした。

一人では、見えなかったことや、
逃げてしまったことなどが
あったかと思います。

芝蘭先生の言葉に対する
感覚や感性、愛、鋭さ、

俯瞰で捉えてのアドバイスを
100%信頼しながら

歩みを進められたことは、
財産となりました。

本当にありがとうございます。



<卒業生>

Beforeは、箇条書きに自分が
してきたことをかいているだけで、

何ができて、何を強みとして、
何をしているのかまったく
かかれていなかったことに、

今ならとても違和感があり、
恥ずかしくさえ思います。

完成したプロフィールは、
流れがよくわかる
ストーリーがあり、

それは過去から
現在に至るまでの
光を当てるべき厳選された
要素の経歴と、

誰を幸せにしたいために、
それがどう役立つのかが、

理念に基づく行動への
コミットメントにパワーが
宿っている感じで、

読み返す度に、
自分を認めることにもつながり、
自信がわいてきます。


いいですね。

本当によくあのハードな
カリキュラムを頑張ってくれた!

と思います。

忙しい仕事をこなしながら、
芝蘭から課題が次々と
ふってくるわけです。

称賛に値します。

そしてわずか1期前の
卒業生ですが、

・世界を舞台に活躍を始めた人

・TV出演が決まっている人

・編集者とのアポが複数入っている人

など、

卒業後にかなり大きな
飛躍を見せている方も
多くて驚きます。

芝蘭は卒業生の活躍を
なにより楽しみにしています!

それだけのポテンシャルの
ある方が来られるから。

本当は活躍して当然なのです。

———————————–
・自分の在り方に向き合う

・自分の未来に向き合う

・ビジネスの方向性を考える
———————————–

これがビジネスプロフィール
添削講座です。

その人の中に眠る、
宝に光をあてる!!

これが仕事。

信じてついてくる受講生に
最高のリターンを返す。

これが仕事。

今日もすばらしい一日を!



 追伸)

残2名となります。

見込客に「自分の価値」を「正しく」伝える方法とは?

【結果的に商業出版できる道筋を作っておく】
ビジネスプロフィール添削講座の申込ページ(16期生)
⇒ http://www.shirayu.com/business-profile/lp2/

みんな最初はこの講座のドアを
恐る恐る叩くのです。

でも3か月後には、
私の手の届かないところまで
羽ばたいていきます。

いまの時点よりも、

・応募動機
・大事にしているポリシー

これを芝蘭はちゃんと読んでいます。

申込みを考えている方は、
しっかり綴ってくださいね。

3か月後にはまったく
違う世界が広がりますよ。


※芝蘭への質問はこちらから
http://shirayu.com/r/stepmail/kd.php?no=HSAjdxo

※『死ぬまでに一度は読みたいビジネス名著280の言葉』
(芝蘭友著/かんき出版)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4761272147/withup-22/ref=nosim

コメントは受け付けていません。